HOME > ap bank fes '09 特集 > 小林武史監修によるap bank fes '09回想(4)

2009/7/26
小林武史監修によるap bank fes '09回想(4)

小林武史によるap bank fes'09を振り返る4回目。今回は、7/19(日)Bank Band with Great Artistsの第1部やeco-reso talk、そして、ライブの合間のお客さんの雰囲気まで、写真とともにお伝えします。


【7/19(日)eco-reso talk】


(1)

さて、今日のeco-reso talk一回目、テーマは「ゴミ」。
A SEED JAPANのカンタと、レコテック野崎さんは、フェス初年度からの仲間です。


(2)

続いて、この日のeco-reso talk、2回目。
農水省の末松さんと枝廣さんと日本の食料自給率の話をしました。

【7/19(日)Bank Band with Great Artists 第1部】


(1)

伊藤由奈さん。彼女は意外とあがり症なので、心配していたところも
あったけれど、ベスト以上のパフォーマンスができたと思います。
曲順も最高でした。


(2)

ナオト・インティライミ、ギター持ってキャンプサイトを回遊中。

GAKU、タワレコ限定発売CDの即売中。


(3)

KREVA。やはり彼は言葉の人だなと思います。
最後の「イッサイガッサイ」という曲で、夏の始まりやフェスでの
今の日本でも僕らやみんなの立ち位置が確認できるような、
パフォーマンスもありました。


(4)

つま恋でキャッチボール! のどかな一コマ。


(5)

koti marketでライブを観る人々。
きれいな青空が広がってて、気持ち良さそう。


(6)

Salyuは、僕がプロデュースしているアーティストでもあるので
あえて言えば、Salyuのポテンシャルからすれば、
もう一息スパークできたライブではなかったかな、
と思います。先導である僕の責任も含めて。

小林武史 fes回想録
page up