HOME > ap bank fes '09 特集 > 小林武史監修によるap bank fes '09回想(6)

2009/7/28
小林武史監修によるap bank fes '09回想(6)

小林武史自らが、写真と共にfesを回想するレポートの第5弾。
今回は、最終日20日(月)のライブエリアの模様やeco-reso talk、
ワークショップなどを振り返ります。
fesの醍醐味、フードメニューの風景も必見です。



【7/20(月)eco-reso talk】


(1)

本日の一発目は「エネルギー」をテーマとしたトークショーでした。


(2)

トークショー二本目は「食と農」をテーマに。





【7/20(月)Bank Band with Great Artists 第1部】


(1)

7/20の午前中。きれいな青空です。


(2)

ナオト in フードエリア。


(3)

koti marketの入り口は、こんな感じ。


(4)

ナオトのコティマーケットライブ。
盛り上がってます。


(5)

GAKUのタオルの使い方、今年は格段に上手になってたなあ。
何年か振りの「手を出すな!」ではあったけれど、
今後のGAKUのがんばりに、
どうぞみなさん期待を持って見守ってください。


(6)

いきものがかり。子供っぽいんだか大人びてるんだか、
多分その両方なんだけど、計算されつつ、
はちゃめちゃも有りで、とにかく素敵なパフォーマンスでした。
今後もよろしくお願いします。


(7)

プレオーガニックコットンのサシェ
(香り袋)づくりのワークショップ。
コットンに良い香りのハーブなどを包んで
袋に詰めれば出来上がり。

紙芝居を使って
「プレオーガニックコットン」の仕組みを説明。
これもなかなか好評だったようです。


(8)

キマグレン。彼らは、何年も前から
「音霊」というイベントを逗子でやり続けています。
自分たちで企画もし、パフォーマンスもするという、
新しい形だけど、今後どういう方向で
表現の幅を広げていくのか、楽しみです。


(9)

kurkku kitchenのキーマカレー。
今年は、石垣島で作ったお米をつかいました。


(10)

JUJUさん。まさに今、若い子がハマる感じが良くわかった。
型にはまってないのに、琴線をとらえる
ポイントだけはしっかり持ってるという
ニューエイジ・アーティストといっても、
そんなポッと出の子じゃないみたいだけど。


(11)

秦くん。速報の時にも僕は発言したけれど、
歌のポテンシャルがすごい。将来は嘱望されまくり、です。
やはり彼にも、今後どう幅を広げていくのか期待したいです。


(12)

ライブエリア、本日も盛り上がってます!

小林武史 fes回想録
page up