HOME > ap bank fes '09 特集 > 【eco-reso talk 5】その1 食物の輸入ができなくなると、日本はどうなるの?

ap bank fes '09 特集

  • 【eco-reso talk 7】その4 食べ物は、私たちの体を作るものeco-reso talk
2009/8/21
【eco-reso talk 5】その1 食物の輸入ができなくなると、日本はどうなるの?



eco-reso talkの第5弾は食と農について。今回は、農林水産省の方を交えて、今の日本の食料事情についての話になりました。


司会:GAKU-MC
ゲスト:末松広行(農林水産省)
枝廣淳子(環境ジャーナリスト)
小林武史



◆食に関する「このままでいいのかな?」と思うこと


GAKU GAKU-MCです。よろしくお願いします。今日は食料と農業、世界の中の日本の農業ということで、eco-reso talkを始めていきたいと思います。さて、今回のゲスト、まずは、農林水産省に昨年発足した食料安全保障課の初代課長さんで、現在は政策課長の末松広行さんです。


末松 霞ヶ関の農林水産省から来ました。Mr.Childrenのファンで、小林武史さんのファンで、GAKU-MCさんのファンであることが、役人としてこれからは非常に大切な時代になってきていると思って、ここに来ました。


GAKU またまたー(笑)。


小林 僕は末松さんと前に一度ミーティングする機会があって、著作も送っていただいたんですね。いわゆる農水省の中でも、気骨がある、今の日本の食料問題、農業の問題を変えていかなければダメだと、心の底から思っていらっしゃる方だと伝わってきました。それで「ぜひeco-reso talkに参加してください」と僕の方からお誘いました。今日は彼をメインに、僕らの目線からお話をさせていただければと思っています。


右から末松さん、枝廣さん右から末松さん、枝廣さん枝廣 私も食べるのが大好きだし、みなさんもお好きだと思います。なにより私たちは食べていかないと生きていけない。でも、改めて食べることを考えたときに「なんかおかしいな」と思うことがたくさんあるんです。
私たちは安全なものを食べたいけれど「これは安全なんだろうか?」 と不安になることもありますよね。そして、日本の食料自給率はカロリー計算で40%しかない。半分以上、外国から輸入をしている。「これからも輸入ができるんだろうか?」ということも考えます。
食べ物をたくさん輸入するというのは、外国の土地とか水を使わせてもらうことですけど、その一方で私たちは食べ物をたくさん捨てていますよね。世界には餓えてる人がいっぱいいて食べ物が足りない。日本の中では、コンビニの廃棄弁当の話もありましたけど、たくさん輸入しているのに捨てている。
いろいろなことに「このままでいいんだろうか?」と思っています。そのあたりをぜひ、末松さんにお話を聞かせていただきたいです。


GAKU 食料安全保障課のお仕事の内容から教えていただけますか。


末松 パワーポイントを持って来たんで、最初のところを映していただけますか。このグラフは、お米やとうもろこし、小麦の価格が、戦後ずっとそれほど高くならなかったのに、去年ものすごく上がって、3倍、4倍になったと記してあります。
国内でも「食料品の値段が上がった、大変だ」って言われていますが、日本より大変な国がいっぱいあります。たとえば1日1000円の予算があって、そのうち300円の食費をかけている家庭があったとしますね。食費の300円が2倍になれば600円、3倍になれば900円になってしまいます。そうするとほかのことはもうなにもできませんよね。そういう国が今、いっぱいあるということなんです。


日本を含め、先進国では今、飽食と言われています。その一方で、世界で9億人が今、飢餓、栄養不足なんです。ほとんどは途上国の人々で1日に25000人も餓死しています。若干、センセーショナルな言い方になりますけど、6秒ごとに子供がひとり餓死してるというのが、今の実態であります。
こういう世界の現状の中で、日本は飽食であるということをよく考えていかないとと思います。


では、これからどうなるかをお話ししますと、世界の人口は2005年で65億人だったというデータがありますが、しばらくすると人口が90億人に増えていくという予測があります。そうすると、食べ物が今よりも多く必要になります。人口が1.5倍に増えると言いましたけど、食料は1.5倍以上必要になります。牛肉1キロを作るには、エサになるとうもろこしが11キロいります。豚肉だと7キロ、鶏肉だと4キロ、卵だと3キロの穀物が必要になるわけです。これはお肉屋さんに並んでる値段の順番になりますね。
今、私たちは世界の人たちをずっと養っていけるのかを真剣に考えるときが来ているのだと思います。


この現状で何ができるかとなると、すごく身近なことにあるんだと思います。いずれにしても、世界の中で、今、日本人が生きてることをふまえて、私たちできることを少しずつやってけばいいと思います。大きな世界の中で小さいことがどれだけ役に立つのかですが、私たちが少し節約すれば、途上国の6秒にひとりが餓死している子供たちの中で、餓死する人が少なくなるというつながりがあることを、念頭に置くのも大切かなと思います。


◆各国が食料の輸出制限を! その理由は?


ap bank fes'09にて。ap bank fes'09にて。枝廣 途上国との話で、先進国は豊かな生活をしていて、飽食で、一方で途上国は貧しくて餓死している人がいてという話になりがちです。だから、倫理的に先進国は途上国のために何かをやらないといけない、「私たちは何ができるでしょう? 」というストーリーが多いんですね。
もちろん、途上国の人を救うのはすごく大事だけど、それと同時に日本の私たちがこれからもきちんと食べ続けていくにはどうしたらいいかを考えないといけない。事情は変わってきていると思うんですね。前は日本のような国が輸入していたけど、今は中国などいろんなところが大量に食料を輸入するようになっている。そうしたときに、日本ってこれからどうなるんだろうと思うんです。


ap bank fes'09にて。ap bank fes'09にて。末松 昨年明らかになったことがあります。今までは輸入はどんな時でも必ずできると考えられていましたし、途上国から輸入してあげることが、先進国の義務だっていうような風潮が多かったと思います。確かに、そうやって貿易を盛んにすることは、日本のプラスになる面もあったと思うんですね。
ただ、昨年には世界でものすごい数の国が、もう自分のところの穀物は出さないと輸出の制限をしました。ロシアも中国もベトナムもインドも、それからアルゼンチンとかボリビアとか、いろんな国が輸出の制限をしたんです。WTOという国際機関があって、輸出の制限はいけないと議論をしたんですが、まったく止まらない。当然、どこの国も輸出の制限はします。


枝廣 どうして輸出を制限するんですか? 輸出したほうがお金が入るじゃないですか。


末松 結局、国が何のためにあるかを考えると、自国の国民に幸せな生活を送ってもらうためなんですね。幸せな生活の根っこは食べていくことなので、国民を餓えさせて輸出して儲けるなんてことは、なかなか出来ることではない。


GAKU 自分の国の事情が一番大きいってことですかね。


ap bank fes'09にて。パンは人気でした!ap bank fes'09にて。パンは人気でした!末松 そういう輸出の制限はいざというときだけかと思っていたのですけど、わりと頻繁に起こるんです。まだ小麦の在庫があって、輸出すれば儲かって、経済的にもその国は潤うとします。ところが去年は、世界の小麦の価格がすごく高くなりましたよね。世界の値段につられて、その国の国内のパンの値段も今まで100円のパンが200円になっちゃう。そうすると、都市の住民の人たちのパンの値段が上がるとよくないから、物価対策として輸出を止めたりすることもあるんです。
 


そういうことを明確に言う国は少ないんですけど、各国で農家の人たちが輸出させろと主張するデモがありました。農家としては輸出した方が儲かるから輸出したい。だけど、政府は都市の人たちの食べるものの値段を下げておいたほうがいいだろうと、輸出を制限したんですね。そういう事態は、国がある以上、あるんじゃないですかね。


eco-reso talk
page up