HOME > ap bank fes '09 特集 > 【eco-reso talk 5】その3 食材をセレクトする基準はなんですか?

ap bank fes '09 特集

  • 【eco-reso talk 7】その4 食べ物は、私たちの体を作るものeco-reso talk
2009/8/23
【eco-reso talk 5】その3 食材をセレクトする基準はなんですか?



司会:GAKU-MC
ゲスト:末松広行(農林水産省)
枝廣淳子(環境ジャーナリスト)
小林武史


◆お肉を食べると、CO2の排出量が増える


枝廣 最近、注目されているのは、お肉を食べる量とか回数を減らす動きです。農業の関係で出ているCO2を調べると、お肉を作るところが一番多いんです。先ほどグラフを見せていただきましたけど、1キロのお肉を作るために、その何倍もの飼料、エサが必要ですよね。さらに、そのエサを作るために、たくさん石油を使ったりしているわけです。


ですから、できるだけエサが少なくてすむお肉に変えていこうと......。牛肉よりも豚肉、豚肉よりは鶏肉。鶏肉よりは本当はお魚とかお豆腐のほうが、タンパク質としてはいいんですけど。私もお肉は好きなので、ベジタリアンになるつもりはないけども、前よりは食べる回数を減らそうとか、牛肉じゃなくて鶏肉にしておこうとか、そういうことをするようになりました。


ap bank fes'09のkurkku kitchenの出店。ap bank fes'09のkurkku kitchenの出店。小林 僕がやってるkurkku kitchenは、国産の野菜とお肉がメインなんです。国産の食べ物がいいって言うだけじゃ伝わらないし、実感してもらうところから変わっていくと思って始めました。今回のap bank fesも出店していて、キーマカレーを出しますけど、人気もあるし、すごく意義があることだと思います。岩手で飼育している短角牛という健康にいい赤身の肉があって、それがkurkku kitchenの売りなんですね。僕、よく打ち合わせとかでも使うんですけど、短角牛大好きなんだよ。


GAKU おいしいですよね、あれ。ほんとおいしい。


kurkku kitchenのキーマカレー。kurkku kitchenのキーマカレー。枝廣 同じ牛肉とは言わないで、区別していくことですよね。遠くでとうもろこしをたくさん食べさせて、石油じゃぶじゃぶで育てたお肉と、日本で、飼料も気をつけて育てた牛とは区別をした方がいい。牛肉だから悪いっていうよりも、どういう牛肉かが問題なわけです。
ほとんどの場合、私たちが食べる牛肉は石油じゃぶじゃぶの牛肉だから「お肉を減らそう」という言い方になっちゃうわけです。kurkku kitchenの牛肉が普通の牛肉と比べてどれだけ石油を使わない、CO2を出さない牛肉か、それをちゃんと出した上で大手を振って食べたらいいと思います。


小林 何でもそうなんだけど、程度問題なんですよね。僕だってね、毎日、牛肉を食わないと頭がおかしくなるわけじゃない。最近、マグロがとれないので、僕はお寿司屋さんに行っても、マグロじゃなくても近海で獲れた、旬のものでおいしい魚に手が伸びるようになってきた。自分が正しいとは決して思いませんけども、それぞれが程度を考えていくのが、必要な段階にはきてるんじゃないかと思うんですね。


関東圏で地産地消って言ったら、これはかなり難しい。少なくとも日本全体としての食料のやりとりが、もう少し進んでいくべきだとも思うんですね。
ただ、これは前夜祭でも話したけど、そこの難敵がやっぱりお金というか、より安いものということなんです。僕たちは1円でも安いものの方がいいから、安いものを手にとってしまう。国産を普及させるにしても、そことの戦いというか、バランスなんですよね。


ただ、国産のものを僕たちの中で育てていくことによって、価格はもっと下がってもいく。僕らの意識中に、どっかでそういうものが入っていけば、ちょっとずつかもしれないし、もしかしたら飛躍的に変わっていくこともあり得るかもしれない。


◆消費者が選べば、企業も頑張れる


ap bank fes'09でフードエリアに登場した看板。ap bank fes'09でフードエリアに登場した看板。枝廣 バランスがとっても大事というのは、そのとおりですよね。「これしか食べません」とか極端な人もときどきいますけど、ふつうは、自分の中でもバランスをとって食べていると思うんですね。
でも、そのときに必要なのは、やっぱり情報なんですよ。自分が食べようとしているものが、国産なのか輸入なのか、石油をたくさん使っているのか使っていないのか、その情報があってはじめて「じゃあ値段との折り合いで、今日はこっちにしよう」というバランスを自分でとることができる。
外食のときのメニューには、昔は値段しかなかったですが、最近それにカロリーがつくようになっている。「ちょっと高いけど、カロリーが少ないからこっちにしよう」とか、選べるじゃないですか。
そこにもうひとつ、カーボンフットプリントといいますが、食べ物がそこに来るまでの移動も全部含めた上でのCO2の情報が載れば、「高いけどCO2が少ないからこれにしよう」とか、「でもやっぱり今日はお財布が厳しいからこっちにしよう」とか、もう少し選べるようになるんじゃないかなと思うんです。


末松 この掛川のあたりってお茶畑がすごくキレイで、お茶がいっぱい生産されてますよね。どうして緑茶はちゃんとお茶畑があるかっていうと、我々がみんな緑茶を飲むからだと思うんです。ペットボトルのお茶も「国産茶葉使用」って書いてありますし、みなさんもそれを見て買ってくださっている。国産のものはたぶん外国で作った緑茶よりも高いですけど、緑茶は消費者、国民が選んでるから、企業もちゃんと国産の茶葉を使ってくれる。


出店者の情報がわかります。出店者の情報がわかります。外国産の茶葉を使ったウーロン茶や紅茶に比べると原価は違うはずですけど、緑茶の飲料を売って損してるって話は聞かない。みなさんが選んでくれれば、企業もちゃんと商売ができるということだと思うんです。国産のシェアを上げるには情報を与えることと、その情報を得た人が少し動いていただけるといいんじゃないかと思います。


それからさっき短角牛の話がありましたが、私たちも短角牛ってすごくいいことだと思っています。短角牛というのは岩手のあたりで草をいっぱい食べて育つ牛なんです。サシの入り方が悪いなどはあるけれどすごくおいしくて、育つ過程でも草を食べますから、エサを外国から運んでくることも少なくていいんです。少なくともほかの牛よりも相当いい。牛を食べたいときは食べればいいし、食べたい時にはそういう選び方もできるんですね。


先ほど小林さんも言っていたように、一歩進めるっていうことが大切なんです。今の時代、一歩は何でもいいんだと思うんです。いい方向に行けばいいし、それを突き詰めてですね、100点をとろうと思わないでも構わない。

eco-reso talk
page up