HOME > ap bank fes '09 特集 > ぼくらのminitomato日誌 ミニトマトの成長記録〜種が実を結ぶまで〜

2009/9/24
ぼくらのminitomato日誌 ミニトマトの成長記録〜種が実を結ぶまで〜

今回はGAKU-MCとイシイモモコ(Bank Band)によるミニトマト日誌をプレイバック。当初の意気込みとは裏腹にハプニング続きのGAKU-MCのミニトマト栽培。フェス後には奇跡の復活!!を遂げ......。それとは対照的にイシイモモコのミニトマトはすんなりと実を結んだようです。


Case 1 GAKU-MCの場合。


【4月28日】どうも!
縁あって、トマトプロジェクトに参加する運びとなりました、僕です。
せっかくだから美味しいトマトを創りたい。
フェスに向けての心の準備。
一生懸命、愛情を注いでスゲーのをつくってやるぜ。
頂いた種を教えられた通りに、
濡れたガーゼに一晩くるんでみるとあら不思議。
芽が出た。こんな単純なことで喜べるんだな、人間て奴は!
さて、物語の始まりだ。イエス!


【5月11日】おー!
ついに来た。やっと来た。まってたぞー!


【6月22日】帰宅〜〜〜〜〜〜〜
旅より帰宅しましたガクエムです。
ただ今僕は舞台、『僕たちの好きだった革命』の全国行脚中。
22日ぶりに家に帰ってまいりました。わーお。すげえことになってます。
トマト君の生命力って凄い。

そろそろお引っ越しせねば。


【7月10日】トマトとハットリリック
油断大敵、ガクエムです。
ちょいと目を放したら、しょぼーん。
下の方のはっぱが枯れているではないか?!
ノー!

まさにこの写真の子供のような顔してびびっております。
元気をつけなければいけませぬ。
なので新鮮なお水をたっぷりと良質の音楽でもりあげていこうか、と。


【7月17日】 ap bank fes'09 会場で定植!

※徒長気味(苗が細長くなってしまうこと)
になっていた、GAKUさんのミニトマト。
7月17日、ap bank fes'09の前夜祭の会場で無事に定植されました。
この後、8月までap bankの事務所で"治療"を受けることに......。


【8月21日】世界が明日も続くなら
夏も終盤、皆様いかがお過ごしですか? ガクエムです。
僕の部屋でしょんぼりとしていたトマト君。
実際もうやばくて駄目だろうなんて思っておりましたが、やってよかった。

つま恋でカップから栽培バッグへ移したのが功を奏し、復活。
みてくださいこのサイズ。

もう嬉しくって嬉しくって
スーパーで買ったミニトマトばっかり食べております。


From GAKU-MC

秋になりましたね。
この文章を書いているのが九月九日。
まだ八月が終わって十日も経っていないのに、
随分と気温が下がっているみたい。
あんなに暑かった夏が終わって季節が変わる。
収穫の季節。
果物や穀物なんか、きっとそろそろいい感じなんでしょう。
僕のトマト、最初は自信があったんす。
プラモデルだって得意だし。
曲だって作れるし(笑)。
だから最初に種を水に浸して、芽が出て来た時に、
「ほらね」
そう思った。余裕でしょ、と。
実際にスタートダッシュは良かったんだよなあ。
陽に当てないで、ある程度まで行きましょう、って。
ぐんぐんと芽が伸びて、形になって、さて陽に当てて、なんてね。
そこからですよ。
ちゃんとしたタイミングで水を与え、風を通し、世話をする。
忘れたらいけません。
だけどもそういった一連の流れを少しでも怠ると、
成長に支障をきたす。
改めて思いました。
トマトは生き物。女性と一緒。
しっかりと連絡をマメに入れ、ご機嫌を伺い、
絶妙のタイミングで贈り物(水や肥料ね)を贈る。
これをしないと枯れるのさ。
枯れるよね、実際。
昔の女友達なんてちょっと連絡しないと音信不通。
ははは。
もう一度言います。
トマトと女性は一緒です。優しく大切に接しましょう。
きっと僕は面倒くさがりやで、マメさが足りないのでしょう。
結果僕のトマトは大成することなく、
プロフェッショナルな担当者の力を借りることになりました。
しょぼーん。
ap bank fes 会場にて無事植え替えられた僕のトマト。
ひん死の状態からの復活は見事。
「ああ、他の男のところで見事に成長したなあ」
なんて昔の彼氏目線です。
うれしいような、悲しいような。
だからもし、次のチャンスがあるならば
心を入れ替えて素敵な男になってやる。
そう決心しました。次こそは。
そんなチャンスがまたあるならばがんばろう、と。
だってね、アルバム作ってたんす。
いい訳に聞こえるかもしれませんが、
毎日曲のことを考えてました。
トマトのこともちょっとは考えていたけれど、
音楽のことばっかり考えてました。
その日の夕飯のこととかももちろん考えていたけれど、
とにかく音楽づくしの2009年夏でした。
収穫の秋、10月21日に僕のアルバム、
『世界が明日も続くなら』 がリリースとなります。
トマトはうまくできませんでしたが、
曲達は見事に実り、色づきました。
ぜひともご堪能あれ。
最後に。
僕の可愛いベイベートマトの世話に
力を借してくれたトヨマックスへ。
ありがとう、そしてちっきしょう!!



Case 2 イシイモモコ(Bank Band)の場合。


【4月29日】 種まき
4/29に植えました。

※参加した皆さんに届いた種。
この種を丸一日水に浸してから、土に植えます。


【5月29日】 遅い種も発芽
二鉢芽が出てこなかったので、ほとんどあきらめていたら、
なんとそのうち一鉢が約一ヶ月経って顔を出しました!
待ってあげることも大事ですね。あまりにのんびりなコなので、
「のんちゃん」という名前をつけました。


【6月23日】 定植
お庭にうえかえしてみました。まだまだ小さい......。
これから太陽あびて大きくなるかな? 外には野良恐竜が!!


【7月8日】 開花
関東甲信地方、本日梅雨明けとなりました。
うちのミニトマトには花が咲きました。


【7月29日】 結実
ap bank fes'09遅ればせながら、おつかれさまでした!
うちのトマトも実がなりました!


From イシイモモコ

白ゴマみたいな、軽く息を吹きかけたら飛んでいってしまいそうな
ちいさな種が届いて、「こんなにちいさいのねー」と、
普段食べているミニトマトの中に
そういえば粒々と確かにあったなぁ...と
改めて驚いてしまいました。
それが水と土と空気と太陽からエネルギーを得て
私の背丈ほど大きくなりました。


野菜は足もないし動かないけど、ぐんぐん育つ様子を見て、
ある意味すごく動いているんだなと、
生きてるなと命のたくましさを感じさせてもらいました。


なかには芽の出なかった鉢もあったり、
1ヶ月も遅れて芽をだしたのんびりやさんもいました。


それぞれのテンポで生きてるトマトたち。私たちとおんなじ。
私たちは命を食べて生きている。それを忘れたくないですね。


真っ赤になったミニトマトたち。パスタにして食べてみました。


最終回はミニトマト栽培にチャレンジしたスタッフ、一般の方の実感コメントをお届けします!

ミニトマト日記総集編
page up