HOME > 東京カリ~番長の東京地産地消カレープロジェクト > その1 恐るべし「浜松カレー」の存在。

東京カリ~番長の東京地産地消カレープロジェクト

その1 恐るべし「浜松カレー」の存在。

2010年早々に、新たな事実が判明した。
なんと、「東京地産池消カレー」には先輩がいたのである。

その名も「浜松カレー」。

静岡県浜松市で、浜松地産池消をコンセプトにした
カレー作りプロジェクトが進行しているという。

今回は、「番外編」として、2009年末に行われた
浜松カレーイベントのレポートをしたいと思う。

......と、まぁ、他人行儀に書き始めたが、
実はこのプロジェクト、
発足時からボクがかかわらせていただいているものだ。

curry07_01_1.jpg
*「浜松ぐるぐるマップ」掲載ページより

浜松カレーっていったいナンなのか。

それは、
「浜松のカレー専門店の店主が中心となって
お互いの手の内を明かし、
浜松でとれる素材を使って作ったカレー」
なのである。

きっかけは、「Bija」というカレー店の2周年記念イベントだった。

オーナーの清川氏が近隣のカレー店4店に参加を呼びかけ、
お客さんを招いてイベントを行った。

そのときの会話。

「せっかくライバル同士のカレー屋さんが一堂に会したんだから、
みんなでひとつのテーマを決めてカレーを作るってどお?」

「いいですね!」

「じゃ、浜松カレーって名前で挑戦してみようか」。

こんなノリからスタートしたプロジェクト、
とんとん拍子で概要が決まり、各店舗のカレーも完成し、
2009年末から期間限定でメニュー化までしたのである。

今回のイベントは、各店舗のシェフがそれぞれのカレーを持ち寄って
お客さんにいっきに食べてもらうという贅沢なものだった。

しかも、ボクの役割は、司会。とっても楽しみだ。

(つづく)

カリ~番長<東京カリ〜番長とは?>

東京カリ〜番長は、カレーをコミュニケーション・ツールとして「ハッピーな空間」を作ることを目標に活動している出張料理ユニットである。日本各地のイベントやクラブなどに出張し、創作カレーを販売。「二度と同じカレーは作らない」ことをポリシーとしている。主に「調理主任」の水野氏名義で20冊近くの著書を発表しているほか、メーカータイアップの商品開発やカレー店へのレシピ提供など実績多数。

バックナンバー

page up