HOME > 東京カリ~番長の東京地産地消カレープロジェクト > その2 集結!浜松と磐田のカレー名人。

東京カリ~番長の東京地産地消カレープロジェクト

その2 集結!浜松と磐田のカレー名人。

イベントには浜松市&磐田市から計5店舗のカレー店シェフが集結した。


curry07_02_1.jpg

主催者である「Bija」の清川孝男氏(写真右)。
「三度の飯もカレーでOK!」というツワモノで、
「地球を救うカレーライス」を掲げ、カレー愛を実践中。

「太陽カレー」の芦澤康治氏(写真中央)。
柔軟な発想にもとづいたオリジナルなカレーを生み出す
浜松カレー界の太陽だ。

磐田市から唯一の参加は、「R食堂」の小林信二氏(写真左)。
地産地消を大事にした遠州カレー界のマエストロ。


curry07_02_2.jpg
 
「カレー処ヤサカ」の稲見氏(写真左)。
独特なテイストをかもし出すこだわりカレーで多くのファンを獲得する名店。
「インドカレーmana」の中島氏(写真中央)。
スパイスを駆使して作る本格的なインドカレーに定評がある鬼才である。

豪華な顔ぶれがそろって、まずはイベントの仕込み。
厨房に各店のシェフが集結する姿というのは、それだけで面白い。


curry07_02_3.jpg
 
お互いのカレー鍋を覗き込んでは和気あいあいと語り合いつつも、
それぞれのカレーの最終仕上げに余念がない。

会場にはお客さんも集まった。

満席。

さて、いよいよイベントスタートである。


(つづく)

カリ~番長<東京カリ〜番長とは?>

東京カリ〜番長は、カレーをコミュニケーション・ツールとして「ハッピーな空間」を作ることを目標に活動している出張料理ユニットである。日本各地のイベントやクラブなどに出張し、創作カレーを販売。「二度と同じカレーは作らない」ことをポリシーとしている。主に「調理主任」の水野氏名義で20冊近くの著書を発表しているほか、メーカータイアップの商品開発やカレー店へのレシピ提供など実績多数。

バックナンバー

page up