HOME > 東京カリ~番長の東京地産地消カレープロジェクト > その8 梅肉を使ったチキンカレーのレシピ公開。

東京カリ~番長の東京地産地消カレープロジェクト

その8 梅肉を使ったチキンカレーのレシピ公開。

青梅の梅干しの特徴は皮がしっかりしていて肉厚な点。
 
curry09_08_1.jpg

カレーのベースにするには叩いてペーストにするといい。
 
curry09_08_2.jpg

鶏挽き肉を使ったキーマカレーを作ってみた。


梅肉を使ったチキンカレー

【材料・2人前】
サラダ油 大さじ2
ホールスパイス
・カルダモン 2粒
・クローブ 3粒
・シナモン 3センチ
玉ねぎ(みじん切り) 小1個
にんにく(おろし) 小さじ1/2
しょうが(おろし) 小さじ1/2
梅干し(種を取りたたいておく) 1個
パウダースパイス
・ターメリック 小さじ1/2
・レッドチリ 小さじ1/2
・コリアンダー 小さじ2
湯 1/2カップ
牛乳 大さじ2
なす(さいの目切り) 1本
鶏挽き肉 150g
いんげん(1センチ幅切り) 10本

【作り方】
1.鍋にサラダ油とホールスパイスを熱する。

curry09_08_3.jpg

2. カルダモンが膨らんできたら玉ねぎを加えて強火で5~6分炒める。
3. にんにく、しょうがを加えて炒め、梅を加えて炒める。
4. パウダースパイスを混ぜ合わせる。

curry09_08_4.jpg

5. 湯を注ぎ、牛乳となすを加えてさっと煮る。
6. 鶏挽き肉を加えて火が通るまで混ぜ合わせる。

curry09_08_5.jpg

7. いんげんを加えて火が通るまで混ぜ、塩で味を調整する。

curry09_08_6.jpg


やはり、予想どおり、梅干しの酸味はカレーの味を引き締め、
独特の風味を醸し出してくれた。
梅干しは、野菜カレーでも豆カレーでもなんでもいける
オールマイティな食材だと言えるだろう。

(今回はこれでおしまい。
次回はどんな食材と出会うのか...お楽しみに!)

カリ~番長<東京カリ〜番長とは?>

東京カリ〜番長は、カレーをコミュニケーション・ツールとして「ハッピーな空間」を作ることを目標に活動している出張料理ユニットである。日本各地のイベントやクラブなどに出張し、創作カレーを販売。「二度と同じカレーは作らない」ことをポリシーとしている。主に「調理主任」の水野氏名義で20冊近くの著書を発表しているほか、メーカータイアップの商品開発やカレー店へのレシピ提供など実績多数。

バックナンバー

page up