HOME > 東京カリ~番長の東京地産地消カレープロジェクト > その1 東京野菜BOXを注文。珍しい野菜が!?

東京カリ~番長の東京地産地消カレープロジェクト

その1 東京野菜BOXを注文。珍しい野菜が!?

東京地産地消カレープロジェクトも今回で最終回を迎えることになった。

思えば、東京のいろいろなところに赴いて、生産者と話し、
いろいろな食材を使ってカレーを作ってきたものだ。

最後のカレーをどうしようか。

最後なんだから、思いっきりハードルの高い食材でカレーづくりに挑戦するのもいいかも。

いろんなことを考えたが、東京野菜を購入して、その中から食材を選ぶことに決めた。

依頼したのは、東京産直センターの東京野菜BOXというサービス。

事前にお願いすると、そのタイミングでとれた野菜を配達してくれる。
どんな野菜が届くのか。楽しみに待つとそれは到着した。

ダンボールをあける。

おお、にんじん、玉ねぎ、長ねぎ、さつまいもなどなどさまざまな野菜たち。

curry12_01_1.jpg

その中にほうれん草がどっさり......、と思ったが、ほうれん草はひと束で、
もうひと束は小松菜だった。

そして、3束目。見たことのない野菜だ。

メモには「のらぼう」とあった。

のらぼうとは、学名をBrassica napusといい、アブラナ科西洋アブラナの一種。

首都圏西部の秋まき地野菜で、おひたしなんかにむいているそうだ。


よし、最後の東京地産地消カレーは、のらぼうカレーにすることにしよう。

curry12_01_2.jpg

(つづく)

カリ~番長<東京カリ〜番長とは?>

東京カリ〜番長は、カレーをコミュニケーション・ツールとして「ハッピーな空間」を作ることを目標に活動している出張料理ユニットである。日本各地のイベントやクラブなどに出張し、創作カレーを販売。「二度と同じカレーは作らない」ことをポリシーとしている。主に「調理主任」の水野氏名義で20冊近くの著書を発表しているほか、メーカータイアップの商品開発やカレー店へのレシピ提供など実績多数。

バックナンバー

page up