HOME > BLOG > 編集部ダイアリー > バックナンバー(2009年12月)

他愛もない小話から、取材のうちあけ話まで。エコレゾ ウェブ編集部が、毎日のあれこれを交代でつぶやきます。

東京ドーム

2009.12.25

クリスマスイブ、編集部のメンバーと共に
「Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY」に行きました。
とにかく、素晴らしいエンタテインメント!

演奏はもちろん、演出、映像、そして4万7千人のファンの方々の熱気......。
東京ドームという空間に充満する、目に見えるものと見えないもの、
すべてがひとつになって沸き起こるエネルギーを肌で感じ、圧倒されました。

特に胸打たれたのは、アンコールで流れる映像から続く、新曲「365日」。
一人ひとりの心が、それぞれ思いをキャッチして
震えているのが伝わってくるようで思わずゾクッとしました。

「365日」に綴られた思いは、
エコレゾトークに特別対談にてご紹介しています。
観に行った方も、これからという方も、そして観に行くことのできない方も、
このトークから、私たちの周りに溢れる温かい愛情を
共有して頂けたらうれしいです。

やっぱり、音楽の力って凄いですね!
そして当たり前のことですが「本気になる」って大切だな、と。
身の引き締まる思いです!


まったくの余談ですが、東京ドームの売店で買ったお茶、
タンブラーになみなみと注いでもらえました。
(マニュアルとしてOKなのかは分からないですが......)

まだまだタンブラーを差し出すと、店員さんに怪訝な顔をされるお店も多く、
悪いことじゃないのにビクビクしてしまう自分。
あらゆる施設の「タンブラー歓迎マップ」なんて、あったら欲しいなあ。

(編集部:たな)

GAKU-MCさんLive!

2009.12.14

子育てラップでおなじみ、
GAKUーMCさんのライブに行ってまいりました!
いや〜、いいライブでした。素敵なライブでした。

登場早々、テキーラをあおるGAKUさん。かっこいい!
そして、続々とステージに登場するゲストの方々。
Bank Bandの小倉博和さん、
美しいバイオリニストの佐藤帆乃佳(aluto)さん、
迫力の歌声で一気にテンションを上げてくれたSalyuさん、
GAKUさんとはパパ友達の椎名純平さん、
そして、今回ともに全国ツアーを回り
GAKUさんと息もぴったりの
ナイス橋本さんと、ヨースケ@HOMEさん。
加えて、スクリーンにて、
櫻井和寿さんと、藤井隆さんも登場!

豪華! 豪華過ぎます!
こんなにたくさんの方々が集まってくれるのも、
GAKUさんのお人柄ですね〜。

会場の方々も本当に盛り上がっていて、
ライブ終盤では会場内温度は30℃に!

daiary_gakusan.jpg
(撮影:古賀恒雄)

まさに、地球温暖化ライブ。
罪な男です、GAKUさん!

gaku-mc.jpg

goodsも可愛かったです。ポッケにマイマイク♡


(編集部 こおだ)





エコプロダクツ2009

2009.12.11

今日は、東京ビックサイトで行われている日本最大級の環境展示会、

エコプロダクツ2009」に行ってきました。

企業や団体、地域の環境への取り組みを一度に見ることができるだけあって、

会場は、人・人・人!


現在絶賛連載中の「eco検定合格(予定)への道」でもお馴染み、

実物かなりかわいくて興奮のモリゾーとキッコロや、

diary-091211-01.JPG

今年のap bank fesで好評だった、葦を原料に作られた

ヨシ紙のレターセット(12/28まで購入可能です)の企業ブース、

diary-091211-02.JPG

kurkku 3のエントランス脇に堂々と鎮座まします、

世界初(!)の、野菜の壁面緑化を制作してくださったミドリエさん、

diary-091211-03.JPG

などなど、エコレゾ ウェブにまつわる方々もあちらこちらに。


ポピュラーとなりつつあるカーボンオフセットや緑化から、

廃材を見事に生まれ変わらせるびっくりアイデアまで、

環境問題への取り組みが、企業活動のなかでも重要視されていること、

それと同時に消費者にとっても、企業の環境への貢献度が、

購入動機につながってきていることを実感した一日でした。


そして、昨年来たときには見られなかった興味深い活動のひとつが

このフードエリアにありました。

diary-091211-04.JPG

食事を保存容器に盛って提供してくれるんです。

これが、すごくかわいい!

例えば、サラダが入っていた容器は、

蛇腹になっていて小さく折りたためる構造に(右がたたんだ状態)。

diary-091211-05.JPG

環境に優しい素材の使い捨て食器を選ぶのもひとつの方法ですが、

こうした品質の良い食器で提供し、お客様には使った食器を

環境への関心や思いと共に持ち帰ってもらうことで、

それぞれの生活で、永く大事に使ってもらう。

これも素晴らしいアイデアだと思いました。


来年のエコプロに行く際はもちろん、大好きなフェス参加活動時に、

また今の時季なら、パーティにお手製の料理を持参するのにも活躍しそうです。


常にリュックに容器を忍ばせておいて、

食べ残しやおすそわけ、おやつおつまみを持ち帰るのにも

ぴったりだなぁ......、なんて。

近ごろ目に余ると噂の、私のくいしんぼう精神に

またもや、火が付いてしまいました。おーこわっ。


(編集部 たな)

こおだ

しっかり者で頼れる姉的存在。音楽や本など文化的偏差値も高い。

kuni

知るほどに味わい深い性格の持ち主。パリパリした食感に目がない。

たな

たまに小鬼になりますが、心やさしい猫好き女子。

とみい

アイドルフェイスの働き者。特技は整理整頓。

page up