HOME > BLOG > 編集部ダイアリー > もやしもんへの道 その1

他愛もない小話から、取材のうちあけ話まで。エコレゾ ウェブ編集部が、毎日のあれこれを交代でつぶやきます。

もやしもんへの道 その1

2010.01.15

ふと思い立ち、年末から糠漬けを始めてみました。

今まで、何度か挑戦しては糠床をダメにしてきた私。

年末の大掃除で、いつ、どうして購入したのかも思い出せない糠床と
ホウロウの容器を発見し、

「せっかくあるのだから」

という、せっかく主義のもと、糠漬けをスタート。

うまくいけば、中途半端に残った野菜なども、
きっちり食べきることができるはず。
夢は広がります。

で、今朝、玄米ご飯とともに食べてみよう、
と取り出したのが、こちら。

diary-100114-02.jpg


おお、漬け物っぽくなっているではないですか!


diary-100114-01.jpg

早速、一口お味見!

......

............

..............................

マズイ。

しかも、複雑な感じにマズイです。
最初、「おや、美味しい?」と思わせておいて、
噛んでみると、不快な味が広がる。
飲み込むことをためらわせる何かがある。

迷わず、捨ててしまいました。
残り物を減らすどころか、作ってます。
増量です。

美味しい料理を作るというのが、
ゴミ減量の第一歩かもしれません(涙)。

それにしても、何がどうなるとこんな味になるのだろうか。
漫画「もやしもん」の主人公だったら、
どんな菌たちが住んでいるのかわかるのに!

菌の気持ちがわかる日を夢見て、
しばらくこの糠床と付き合ってみようと思います。


(編集部:やな)
BACK
NEXT

こおだ

しっかり者で頼れる姉的存在。音楽や本など文化的偏差値も高い。

kuni

知るほどに味わい深い性格の持ち主。パリパリした食感に目がない。

たな

たまに小鬼になりますが、心やさしい猫好き女子。

とみい

アイドルフェイスの働き者。特技は整理整頓。

page up