HOME > BLOG > 編集部ダイアリー > バックナンバー(2010年2月)

他愛もない小話から、取材のうちあけ話まで。エコレゾ ウェブ編集部が、毎日のあれこれを交代でつぶやきます。

ワインのラベル

2010.02.27

最近ワインが好きでよく飲むのですが、
美味しいワインに出会っても、
なかなか名前が覚えられません。

シャトー・ナントカとか、
ピノ・ノワールとか、カベルネソーヴィニヨンとか。
項目がカタカナばかりで、
酔っているときに覚えようったって
なかなかどうして難しいものです。

なので、気に入ったワインはラベルをとっておくことにしました。
ワインのラベルを剥がしてシートにするキットを使います。

これです ↓ 
diary-100220_02.jpg

ワインのラベルのうえに、シールをぺたっと貼って......、
diary-100220_03.jpg

固いものでごりごりこすって、ラベルをシールの方に貼付けます。
diary-100220-05.jpg

このあと、シールをはがすと、ラベルも一緒にはがれてくるという仕組み。
(そこは真剣勝負なので、写真を撮れませんでした)
そのシールを台紙に貼ると......。

diary-100220_01.jpg

これらが......、

daary-100220_04.jpg

こんな風に!

裏側に、値段や感想を書き込めるので便利。
酔っているのかうねった文字で
「超タイプ〜」、「セクスィな味! エロい!」、などと
意味不明なことが書かれているのもご愛嬌。
たまに読み直すだけでも楽しめます。

(編集部:こおだ)

親切な人になる

2010.02.26



残業して、家に帰り、


「晩ごはんを食べるべきか、いしだ編集長のように我慢すべきか」


と熟考していると、家の電話が鳴りました。


「◯◯カードですが」


これは、何かの勧誘だな!

その手には乗らないぞ。


「M黒駅にお客様のカードが届いているとの

連絡があったのですが、

お手元にありますでしょうか」


え?

私のカードは、最近、定期と提携しているタイプに

変更したもの。


改札は出た。


うん、普通に出ました。


それから?


えーと、カバンにしまったんじゃない......かな。


でも、記憶がないな。


ちなみに自分はよく、物を落とします。

ボーッとあらぬことを考えていると、

手の力が抜けるらしいのです。


冬のあいだは、しばしば手袋を落とすのですが、

そうすると、うしろの人が駆け寄って渡してくれます。

駅だと百発百中です。


「東京の人も、なかなか親切だ!」


などと、愛郷心を育んでいる場合ではありません。


今回もきっと、ぼんやりしていて、

定期入れを落としたのでしょう。

そして、親切な人が届けてくれたのです。


ありがとう!

誰かはわからないけれど、親切なあなた!!


この御礼は、ちゃんと返さなくては。


「自分も、落とし物を見つけたら届けるんだ」


と、日々、思っているのですが、

ぼんやりした人間には、

他人様の落とし物が見つからないんですよね。


*だからというわけではないが、

 自分は小銭を募金する派です。

 ええ、小銭ですみません......。


(編集部:やな)

「ON A NIGHT LIKE THIS for HAITI」

2010.02.25


23(火)に開催された、イベント「ON A NIGHT LIKE THIS for HAITI」。
会場ではハイチの現状を伝えるパネルや映像が設置されました。

死者は20万人を超え、(阪神・淡路大震災での死者は6434人、
比較すればその被害の深刻さがお分かりになると思います)
現在もハイチ国内では混乱状況が続いています。

パネルの中の一枚、路上に大量の遺体が倒れている写真は特に衝撃的でした。
目を覆いたくなるような悲惨な状況、私たちにできることって何なのだろう......
と、やりきれない想いに胸が締め付けられます。
環境問題を考えたときにもぶち当たるものに似た、もやもやとした気持ち。

ライブはご出演くださった方々の熱い気持ちが伝わる、
素晴らしい演奏が続き、大盛況のうちに幕を閉じました。
ライブ終了後、たくさんの方々がパネルに足を止めてくださる姿を見て、
このイベントから遠く離れたハイチへと、心の距離が縮まるような、
私が抱いていたもやもやに、ほんの少し光がさしてきたような気がしました。

diary-102024-01.jpg

私たちのまわりには常に情報が溢れていて、知りたいことは何でも簡単に手に入ります。
けれど「知りたい」気持ちがなければ、そこから先に進むことはできません。
このイベントで、たくさんの「知りたい」「行動したい」
という気持ちが芽生えていくのを感じました。
お越しくださったみなさんの笑顔が、
ハイチの人々の笑顔に繋がりますように、と願うばかりです。

エコレゾ ウェブでも緊急レポートを立ち上げました。
会場で撮影した、ご来場頂いた方のスナップやコメントも掲載しています。
今回参加できなかった方々とも、このサイトで想いが共有できたら嬉しいです。
ぜひご覧になってくださいね。

そしてただいま、エコレゾ ウェブではアンケートも実施中です。
お答えくださった方には、心ばかりですがプレゼントもございます。
ウェブや各コンテンツへのご意見・ご感想、お待ちしています!

(編集部:たな)

こおだ

しっかり者で頼れる姉的存在。音楽や本など文化的偏差値も高い。

kuni

知るほどに味わい深い性格の持ち主。パリパリした食感に目がない。

たな

たまに小鬼になりますが、心やさしい猫好き女子。

とみい

アイドルフェイスの働き者。特技は整理整頓。

page up