HOME > BLOG > 編集部ダイアリー > 深夜の電話

他愛もない小話から、取材のうちあけ話まで。エコレゾ ウェブ編集部が、毎日のあれこれを交代でつぶやきます。

深夜の電話

2010.03.23


深夜、眠りに入ってしばらくたったころ、
突然大きな音が。

飛び起きる、
という動作の演技指導を受けたかのように、
一瞬で身を起こしました。

身は起こしたものの頭が起きず、
音の正体を理解できずに数秒フリーズ。

あ、ケータイか。

気づいたときには音は止んでいて、
ケータイの画面には
着信の表示が残されていました。

「おとうさん」

めったに電話をかけてこない父が、
こんな夜中に!
まさか母になにかあったのでは!

動揺しつつ父のケータイにかけなおすと、
なぜかあっさり母が出ました。

「あ、ごめん。
やっぱりかかっちゃってた?
寝てたでしょ?
わるいわねえ。
あのね、お父さんケータイ変えたのよ。
いろいろいじってたら、
なんだかあんたの名前が表示されて、
発信中ってなってね、
それでお父さんがね、
電話かかっちゃってるんじゃない、
って言うからあわてて切ったのよ。
やっぱりかかってた?」

......かかっておりますよ。
お気をつけあそばせ。

でもまあ、
何事もないなら、何よりでした。

(kuni)
BACK
NEXT

こおだ

しっかり者で頼れる姉的存在。音楽や本など文化的偏差値も高い。

kuni

知るほどに味わい深い性格の持ち主。パリパリした食感に目がない。

たな

たまに小鬼になりますが、心やさしい猫好き女子。

とみい

アイドルフェイスの働き者。特技は整理整頓。

page up