HOME > BLOG > 編集部ダイアリー > 耕す×BBQ in 耕す木更津農場 vol.2!

他愛もない小話から、取材のうちあけ話まで。エコレゾ ウェブ編集部が、毎日のあれこれを交代でつぶやきます。

耕す×BBQ in 耕す木更津農場 vol.2!

2010.11.30


よく晴れた11月最後の日曜日、
2回目のONE for Natureプログラム、
「耕す×BBQ in 耕す木更津農場 vol.2」
が開催されました。

霜月も末ですから、
相当な寒さを覚悟していたのですが、
この日、木更津の予想最高気温は18℃。

しめしめ、暖かいじゃないか、
と油断していたら、
農場一帯には冷たい強風が吹き荒れ、
やっぱり相当な寒さでした。

そんな寒さのなかでの農業体験は、
畑の石拾いとタマネギの定植、
ホウレンソウの種まき。

参加者のみなさんがこつこつと石を拾ったり、
苗を植えたり種をまいたりしているあいだ、
私は調理チームのカレーの仕込みをお手伝いしてきました。

具は、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、さつまいも、
豚肉と手羽先。

diary-101130-01.jpg

レシピに則って決まった順番に野菜を投入して炒め、
カレー粉を入れてさらに炒め、スープを入れて煮込み、
仕上げのスパイスと塩で味を整えるだけ。
さらっとしたスープ状のカレーができるはずです。
けっこう簡単なのでは?
おいしく作れない気がしません!

diary-101130-02.jpg

しかし強風で火が安定せず、
具を炒めるだけでもかなりの苦戦。

diary-101130-03.jpg

さらに、じゃがいもとさつまいもの投入タイミングを
かなり前倒してしまいました。
少し煮込んだらいもが溶けてしまう。
スープ状カレーを目指すには、致命的なミスです!

スパイスを投入して炒め、
スープを加えてから味見してみると、
不思議な苦みが感じられ、
鍋を囲むスタッフ一同無口になります。

diary-101130-04.jpg

しかし手羽先を投入してしばらくすると、
うまみが出たのか、やや持ち直し、
その後仕上げのスパイスと塩の投入、
コクを出すためのハチミツの投入により、
大幅に持ち直しました。

diary-101130-05.jpg

アクシデントを積み重ねて完成したカレーは、
最終的には行列ができる人気でしたが、、
参加者のみなさま、味はいかがだったでしょうか。

......ほろ苦い話になってしまったので、
少々さわやかさを投入したいと思います。

diary-101130-06.jpg

こちらは、農業体験のさわやかリーダーのひとり、
伊藤くん。
名札には......

diary-101130-07.jpg

「独身」と。
かわいい女性参加者が多いので、
伊藤くんをイチオシするスタッフに書かれたようです。
若いのに、見習いたいほどのしっかり者。そして働き者。
私からもイチオシさせていただきます。

本日、第三回の開催も発表になりました。
自然を体感しに、伊藤くんに会いに、ぜひ参加ください!
ご応募はONE for Natureオフィシャルサイトからどうぞ!


(kuni)

BACK
NEXT

こおだ

しっかり者で頼れる姉的存在。音楽や本など文化的偏差値も高い。

kuni

知るほどに味わい深い性格の持ち主。パリパリした食感に目がない。

たな

たまに小鬼になりますが、心やさしい猫好き女子。

とみい

アイドルフェイスの働き者。特技は整理整頓。

page up