HOME > eco検定合格(予定)への道 > 一番心に残った言葉

eco検定合格(予定)への道

検定初めて。暗記は苦手。エコに関してまだまだ素人。
そんな新人編集者の僕がeco検定を受けることに!
合格できるのか?!どうなる俺?!な、eco検定受験(猛?)勉強な日々をお送りします。

2009.12.24

一番心に残った言葉



「一人くらいならいいだろう」


エコ検定テキストで一番心に残っている言葉。(テキストP204最下部!)
この言葉、この考え方が一番ダメにすると思います。全てを。
環境問題だけでなく、仕事、私生活、人間関係、、、



「自分がやらなくても良くならないだろう。」
「他人が見ていないから、今回はいいや。」
「周りもやっていないから自分もやらない。」


いやです。

そういう気持ちになるのも、『昔の自分』なら分からないでもなかったです。
正直、タバコのポイ捨て常習犯でした。今はしません。

↓いざというときのために携帯灰皿も持ち歩いています。
1223-2.JPG

グリーンバード仕様です。



強制されている意識や義務感があるからでしょうか。
それが自分本位な、自分勝手な気持ちにさせると思います。
「なぜそれをやる必要があるのか」。
本質を理解して、「楽しむ」気持ちを持ってすれば、習慣化していけば、
全くそんな気持ちになりません。
もちろん、全く苦でもありません。




「自分がやらないと良くならないだろう。」(他人もやらないだろう。)
「他人が見ていなくても(見ていないからこそ)自分はやらなくては。」
「周りがやってないからこそ、自分が。」



環境問題はもちろん、全ての面で、
こんな気持ちでやっていきたいです。

今回はちょっとマジメなブログになりました!いえっす!




↓こんな記事もありました。他人が見ているか見ていないか・・・そこが問題か?
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-11957120091015

page up