HOME > BLOG > Food Relation Network blog > 2011年6月

Food Relation Networkの活動を皆様へお届けします!

【奈良県大和高原】お茶発祥の地 vol.3

2011.06.30

10代で新規就農、そして10年を迎えた現在、
伊川さんのところには農業を志す若い世代の人達が
研修生として集まっています。

世の中では「就職難」といった言葉が聞かれますが、
伊川さんを見ていると、
未来をつくるのは自分に他ならないんだな、と思います。

さて、そんな伊川さんが登場する本が、
今日、発売になりました。

それは――

『ニッポンの嵐 ポケット版』!

2010年の秋、全国の小中学校に寄贈され話題になった本を、
内容はそのままに縮小。
嵐のメンバーが自らの興味をもとに、
日本各地を訪ねた旅を収録したこの本で、
櫻井翔さんが健一自然農園を訪問した様子が掲載されています。

food-0630-02.jpg

上の写真は、櫻井さんも驚いたという、今も現役の竈

本には櫻井さんが体験した、茶摘み作業の様子や
伊川さんがなぜ農業を志したのか――
などの話が写真とともに紹介。

もちろん、お茶の美味しさについても!

どこかで本を見かけたら、伊川さんを探してみてくださいね。


ヤナイ

【奈良県大和高原】お茶発祥の地 vol.2

2011.06.29

健一自然農園を訪ねたのは今年の2月。
古都・奈良の中心から、鹿たちを横目でみつつ、
春日大社を心のなかで参拝して、
ゆっくりと車で30分ほど山へとあがっていくと、
「お茶発祥の地」と言われる、大和高原へ。

健一自然農園は大和高原のなかでも
一番標高が高い(400〜500メートル)
都祁(つげ)・山添(やまぞえ)にあります

food-0629-01.jpg

伊川さんは最初、お茶ではなく野菜などを作ろうと思っていたとか。
でも、都祁のあちこちにある耕作放棄地で、
ジャングルのように生えているお茶の木を見て、
「手をかけなくても自然にこれだけお茶の木が生えるなら、
この土地がお茶を育てるのに向いているんだ」
と思い、お茶農家を決心したそうです。

food-0629-02.jpg

大和高原の風土でこそ育まれる、人々の日々の生活に寄りそうようなお茶づくりが伊川さんの願い。

「毎日飲むお茶だから、自然で美味しいものであってほしい」
と、伊川さんは言います。

たとえば厳しい冬を越した大和茶のほうじ茶は、
ミネラルたっぷりなのに、カフェインが少ないので、
赤ちゃんからお年寄りまで、安心して飲めるお茶。
煎茶以外にもお茶の魅力はたくさんあります。

伊川さんが目指すのは、
土地の力を引き出し、周囲の環境と調和した
無肥料、無農薬の自然農法でのお茶作り。
そのためには自分の畑だけでなく、
周りの環境も大事だ、と伊川さん。

大和高原の恵みというべき、
美味しくて安全な貴重なお茶は、
豊かな里山に育まれているのです!

ヤナイ


【奈良県大和高原】お茶発祥の地 vol.1

2011.06.28

新茶の季節になりましたね。

といっても南北に長い日本列島、
「新茶」の季節もいろいろなのです。

今回は「日本で一番最後に新茶ができる」(標高が高い)、
奈良・大和高原で無農薬・無肥料、
自然栽培のお茶づくりをしている、
「健一自然農園」の伊川健一さんをご紹介します。

food-0628-01.jpg

伊川さんは現在29歳!
高校生の頃から「農業をやりたい」と決意し、19歳で新規就農。
10年を迎えた現在、畑は当初の10倍の1万坪に!
(10が続きますね〜)

お茶といえば静岡や宇治が有名ですが、
大和高原は宇治も近く、実は、
高級な茶葉を宇治茶のブレンド用として出荷してきたのです。

ただ、最近では若い作り手の方々を中心に、
「大和茶」として飲んでもらいたいという気運も高まっているとか。

そのなかでも伊川さんは「農薬も肥料も使わない」
「周りの環境と調和し、土そのものの生命力を高める」という自然農法で、
お茶づくりにチャレンジ。
現在では50余りのお店に卸しています。

food-0628-02.jpg

標高が高く、厳しい環境だからこそ育まれる、
伊川さんのお茶の魅力については、次回!

ヤナイ

Food Relation Network

千葉県木更津で循環型農業を実践する自社農園「耕す」で作られる年間40種類以上の有機野菜と平飼い卵をはじめ、日本各地の生産者を訪ね厳選した食材や調味料など、思わず人に教えたくなるような商品を、東京神宮前の食のコンビニ「food kurkku」やonline shop、マルシェなどを通して消費の場へと届ける活動をしています。

OFFICIAL SITE

page up