HOME > BLOG > Food Relation Network blog > 2011年8月

Food Relation Networkの活動を皆様へお届けします!

【山形県・高畠町】世界をめざすワイナリー@高畠ワイン

2011.08.26

地方へ行こう隊!のカワモトです。

東北のワインといえば高畠ワイナリーを
ご存じの方もいらっしゃると思います。

ap bank fes'11のkurkku kitchenでも
こちらのスパークリングワインが大人気でした。

fesワイン.JPG

こちらが高畠ワインさんです。
素敵な建物の中には工場と売店があって
一般の見学も積極的に受け入れています。

0825-外観.JPG

0825-ワインのできるまで.JPG

お話しを伺いました取締役製造部長の川邉さん
0825-川辺さん.JPG

アメリカのワインの銘醸地、ナパバレーにて
日本人初の醸造責任者として15年のキャリアをもつ
ワインのスペシャリストです。

じつはここ山形県南部の高畠町は
ナパバレーの緯度とほぼ同じベルトに入るそうです。

葡萄の収穫時である秋口の昼夜の温度差が大きく
ミネラル分豊富な土壌に恵まれ
良質なブドウ栽培に非常に有利な土地なんです。

世界品質のワインが出来るポテンシャルは
充分あるのだと伺いました!スゴイ!!

工場の様子や醸造タンクを回りながら
ワインの行程を教えて頂きました。

0825-機械1.JPG

0825-機械2.JPG

0825-機械3.JPG

0825-タンク.JPG

0825-樽.JPG

0825-様子.JPG

こちらの高畠町は明治時代から生食用の
ブドウ栽培を行っています。
特にデラウェアの産地として有名です。

高畠ワインの契約農家は約50件
生食用ブドウ栽培をしていた経験を生かすために
ワイン用のブドウ栽培ではめずらしい平棚式と
良質な土壌を守るために減農薬での栽培を心がけています。

生産者は平均65才と高齢化が進み
後継者がいない方もいるそうです。

お話しを伺った川邉さんから
生産者のみならず、製造者も含めた
「人づくり」がこれからの使命だと伺いました。

世界に通用する日本ワインに乞うご期待!

0825-ワイン.JPG




【岩手県・二戸】自然栽培の雑穀を作って vol.2

2011.08.24

「種をタイミングよく地面に落とせば、
自然が守って育ててくれる。
私が育てるんじゃないんです。
自然を守ることで、実りを恵みとしていただく。
それをお客さんに届けることで
代価としてお金をいただいているのだと思います」

尾田川さん写真.jpg

もともとは原木シイタケを作っていた尾田川さんが
無農薬の雑穀を作ろうと思ったのは、
娘さんのアトピーを治したいという気持ちから。

農薬を使わずに安全な作物を作りたいと思ったとき、
縄文時代からこの地で育ってきた雑穀の価値を
再発見しました。

「岩手県のなかでも、海沿いの20キロくらいの土地には
山背(やませ)と呼ばれる冷たい風が吹いて、
もともとは稲作ができなかった。

でも山背のおかげで、虫の成長も遅く、
自然と調和した無農薬の雑穀作りができるんです。
雑穀ならではの価値と魅力を、雑穀文化として伝えたい」

0819-6.JPG

尾田川さんに案内していただいた畑は、
尾田川農園としても古いおつきあいの契約農家、
馬場さんのもの。

雑草がほとんどない、とても綺麗な畦ですが、
なんと農薬は使っていないとのこと!

「この畑の美しさは、馬場さんが何十年も手をかけてきた、
その成果です。
無農薬でもここまでの畑にすることができる。
もちろん、並大抵の努力ではありません」

0819-7.JPG

尾田川さんの今の願いは、
二戸地域全体を「雑穀ブランド」の土地として育てていくこと。
道の両側に雑穀を植えた「雑穀ロード」、
そこでは雑穀についての情報も得ることができ、
雑穀を使ったレストランもある。
畑をのぞいて、どんなふうに農作業しているのかを
見ることもできる。

その土地の歴史、魅力を生かした農業が増えれば、
旅行での楽しみも違ったものになりそうです。



【岩手県・二戸】自然栽培の雑穀を作って vol.1

2011.08.18

みなさん、mother kurkkuの期間限定メニュー、
「カマンベールチーズの雑穀リゾット」は召し上がりましたか?

0818-リゾット.JPG

押し麦と白干しひえの食感が楽しい一品は、
冷たいワインに合うと大好評でした。

今回は特別メニューに自然栽培の雑穀を提供していただいた、
岩手県・尾田川農園さんを訪問します。

全国的に猛暑だった8月のある日、
岩手県北部の軽米町も「珍しい」と言われるほどの暑さ。
それでも、日陰に入るとさわやかな山の空気が感じられます。

尾田川農園さんに向かう途中から、
あざやかな穂の色が見られるように。
地域全体で雑穀を育てているのがわかります。

岩手県は雑穀の国内生産量日本一。
雑穀はお米のように精製しないので、
守秘の中に含まれる植物繊維やビタミン、ミネラル、
カルシウムなどの栄養価をそのまま取り入れることができる、
嬉しい食材なのです。

0818-1.JPG

見たことがない紅い穂こそ、
二戸地域の特産品、アマランサスです。

0818-2.JPG

アマランサスは中南米原産の穀物。
古代インカの主食だったといわれ、
カルシウムをはじめとするミネラル、
とくに鉄分が多く含まれるほか、
植物繊維、タンパク質も豊富な注目の雑穀です。

尾田川農園さんは、最初にアマランサスの種をまき育てたという、
日本にアマランサスを根づかせたパイオニア。

「安全な食べ物を届けたい」という思いから、
無農薬・有機栽培での雑穀づくりを始めたのが、
こちらの尾田川勝雄さんです。

0819-5.JPG

今や二戸地区全体にまで大きく広がった
無農薬契約栽培での雑穀作りは、
どのように始まったのでしょうか?

次回は、土地の利を生かした、
無農薬の雑穀栽培についてお話をうかがいます。

Food Relation Network

千葉県木更津で循環型農業を実践する自社農園「耕す」で作られる年間40種類以上の有機野菜と平飼い卵をはじめ、日本各地の生産者を訪ね厳選した食材や調味料など、思わず人に教えたくなるような商品を、東京神宮前の食のコンビニ「food kurkku」やonline shop、マルシェなどを通して消費の場へと届ける活動をしています。

OFFICIAL SITE

page up