HOME > BLOG > Food Relation Network blog > 【東京都・青梅市】納豆と会話する職人 vol.3

Food Relation Networkの活動を皆様へお届けします!

【東京都・青梅市】納豆と会話する職人 vol.3

2011.12.28

工場を一通りご案内いただいた後に
事務所で高橋社長からお話を伺いました。

高橋社長.JPG

環境に配慮した取り組みとして
「バガス容器」を使用した商品があります。

バガス有機小粒.jpg

サトウキビを再利用したバガスを
納豆容器として使用しているのは、菅谷食品だけです。
開発の際にはコストも高く、
フタの圧着が上手く出来なかったのですが
改善を加えながら完成をしていったそうです。

菅谷食品さんで一番売れている商品はこちら

つるの子納豆大粒.jpg

「国産大粒つるの子」
北海道産の大粒大豆「トヨホマレ」を使用。
小粒が人気の納豆業界では珍しいそうです。
大粒は豆の味が感じられるので通は好むのですが
菅谷食品さんでは一番の人気ものです。

そのほか面白い商品としては
こちらの「DC-15」という納豆です。

DC-15.jpg

こちらは食後に血糖値の上昇を抑制する
DC-15菌を使用しています。
社長の高橋さんは毎朝「納豆トースト」にして
食べていたら実際に痩せたそうです。
それを聞いてカワモトは毎日食べています(笑)

最後に高橋社長から伺って印象的だった言葉。
大切なことは「納豆との会話」だそうです。

納豆に向き合うと納豆がどうして欲しいのか
わかってくるのだそうです。

ある台風の日に高橋社長は
「納豆が苦しい」と助けを求めている感覚になって
夜中に工場に行ったそうです。

実は台風によって工場が停電してしまったのですが
警備会社よりも早く工場に駆けつけたそうです。
すごいですよね!!

菅谷さんたち.JPG

職人技と効率化を上手に取り入れて
最新の納豆造りをしている菅谷食品さんに
深く感心させられた日でした。

これから美味しい納豆を作りつづけて下さい。

カワモト

BACK
NEXT

Food Relation Network

千葉県木更津で循環型農業を実践する自社農園「耕す」で作られる年間40種類以上の有機野菜と平飼い卵をはじめ、日本各地の生産者を訪ね厳選した食材や調味料など、思わず人に教えたくなるような商品を、東京神宮前の食のコンビニ「food kurkku」やonline shop、マルシェなどを通して消費の場へと届ける活動をしています。

OFFICIAL SITE

page up