HOME > BLOG > Food Relation Network blog > 【群馬県・前橋市】低温殺菌ひとすじ@タカハシ乳業 vol.1

Food Relation Networkの活動を皆様へお届けします!

【群馬県・前橋市】低温殺菌ひとすじ@タカハシ乳業 vol.1

2012.01.11

地方へ行こう!隊のカワモトです。

今回は群馬県にある老舗の乳業メーカーである
タカハシ乳業さんにお邪魔致しました。

社長と工場長.JPG

タカハシ乳業さんは明治の初期から牛乳に携わり
日本ではめずらしい低温殺菌牛乳を作り続けて50年になります。

 那須のおいしい牛乳.jpg

低温殺菌とは?
牛乳は加熱をして殺菌処理を行うのですが
日本の牛乳の殺菌方法は超高温殺菌といって
130℃~150℃で2秒間殺菌します。
時間をかけないので大量の牛乳を殺菌するには
効率的なのですが味や風味が変わってしまうんですね。

低温殺菌では65℃で30分と低い温度で
時間をかけるのでコスト高になりますが
ビタミンCや水溶性カルシウム、タンパク質などを残し
味や風味の変化を最小限に抑えています。

実際に飲み比べるとわかるのですが
私たちが今まで飲んでいた牛乳と違い
牛乳独特の匂いがなく(その匂いの正体は焦げたタンパク質とも言われます)
サラリとして飲みやすいんですね。
牛乳嫌いなお子様も低温殺菌牛乳なら飲めるかもしれません。

次回はまだまだあるこだわりをご紹介します。

カワモト

BACK
NEXT

Food Relation Network

千葉県木更津で循環型農業を実践する自社農園「耕す」で作られる年間40種類以上の有機野菜と平飼い卵をはじめ、日本各地の生産者を訪ね厳選した食材や調味料など、思わず人に教えたくなるような商品を、東京神宮前の食のコンビニ「food kurkku」やonline shop、マルシェなどを通して消費の場へと届ける活動をしています。

OFFICIAL SITE

page up