HOME > BLOG > kurkku 3 blog > 憧れのイチゴ

kurkku 3スタッフの日常を表参道から少しずつ皆様にお届けいたします。

憧れのイチゴ

2011.02.12

freje.jpg
昨年大好評だったLOVEパフェに続き、今年のバレンタイン限定スイーツを2月11日からやりますよ!
今年は、

「萩原さんの大きないちごを使ったフレジェ 季節のジェラートを添えて」

です。

ケーキを華やかに飾る大粒の苺は、静岡の萩原農園でつくられた「章姫」。
その魅力はサイズだけでなく、上品な甘さとみずみずしい食感が素晴らしいイチゴなんです。
アーモンドパウダーがたっぷり入ったビスキュイ生地にイチゴジャムや
カスタードクリームをサンドした特製フレジェです!

ここでウンチク。

フレジェとは
フランスでは苺の季節になるとフレジェがお菓子屋さんに並べられます。
フレジェとはこちらでいう「いちごのショートケーキ」のようなお菓子です。
苺が一杯詰まったポピュラーなケーキです。
普通のイチゴショートケーキとどこが違うかというと、生クリームよりも濃厚な、カスタードクリームとバタークリームが使われている点です。
苺をフランス語でフレーズと言います。
ほかにも
フランボワース→フランボワジエ
シトロン(レモン)→シトロニエ
ポム(リンゴ)→ポミエ
などフルーツの後ろに「イエ」という音を加えると
「~の木」などの意味になります。
なので苺の木という意味でもあるのですよ。


ビスキュイ生地とは
「Biscuit」は、「Bis」と「Cuit」というふたつの言葉からできています。
 「Bis」は二度、「Cuit」は焼いた、ということで二度焼きされたものという意味です。
ヨーロッパでは古代ローマ時代にはすでに甘味のない、乾燥 したパンが存在していたと言われています。中世には、あの有名なトルコ軍も遠征に持っていったようです。
そこから派生し、現在ではスイーツとしの進化を遂げています。
卵の卵黄と卵白を別に立てて、粉をしっかり入れて作る「しっかりめのスポンジ」というイメージでしょうか。

小さい時は、大きなイチゴをほおばるってチョットした夢じゃありませんでした?
ぜひ、大人の特権を使って美味しいイチゴとスイーツを同時に堪能してくださいませ。

お待ちしております!!


BACK
NEXT

kurkku 3

東京の情報発信基地、表参道。 そのランドマークである表参道ヒルズには、時代の先端をいく100ほどの店舗が入っており、kurkku 3は「顔」とも言える入り口にあるアンテナカフェです。 kurkku 3こだわりの食事と、時には産地、時には音楽、時にはファッションブランドとコラボした期間限定のメニューやイベントをお届けします。

OFFICIAL SITE

店舗情報

  • 〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F
    TEL : 03-6438-9603

    MAP

  • 営業時間
    月曜-土曜 11:00-23:30 (22:30 L.O)
    日曜 11:00-22:30 (21:30 L.O)
    (定休日)なし

page up