HOME > BLOG > kurkku kitchen blog

kurkku kitchenスタッフの日常を少しずつ皆様にお届けいたします。

東毛酪農根利牧場に行ってきました!

2012.09.10

パスチャライズド牛乳という言葉をご存知でしょうか?

現在一般的に行われているのは120℃~130℃で
2~3秒間殺菌する超高温殺菌法です。

19世紀、フランスの細菌学者ルイ・パスツールが
考案したワインの風味を損なわずに有害菌を除去する殺菌方法が
パスチャリゼーションと呼ばれています。

この殺菌方法を牛乳に応用し、62℃~65℃で30分加熱
(または72℃~75℃で15秒加熱)する殺菌方法で
作られた牛乳をパスチャライズド牛乳と呼んでいます。

このような低温での殺菌のメリットは、
そのままバターやチーズを作ることができるような
牛乳本来の性質と味わいを持つ牛乳を生むことができます。


そんなパスチャライズド牛乳を
kurkku kitchenではオープン当時から使用しています。


そして今回はその牛乳を作っている
東毛酪農さんの根利牧場に行ってきました。

根利牧場は群馬県の赤城山近くの
山間にある東毛酪農直営の農場です。

東毛酪農のIさんに車で先導してもらい
根利牧場まで行ったのですがその道がすごい!

「えっ、こんなところを通るの?」という
山道を進み上へ上へと登っていきます。

そして標高約1200mの地点で広大な農場が出現します。

まさに大自然、こんななかで育てられる牛さんは
幸せだろうなーと思ってしまいました。

広々とした牧草地。

2012.9.3bokusouti.jpg

牛さんもこんなに近くに!

2012.9.3ushi.jpg

案内をしていただいた東毛酪農のIさんですが、
この方もパワフルな方で、パスチャライズド牛乳の細かい説明や、
なぜ東毛酪農がそこまでこだわってこのような
酪農を行っているのか、また根利牧場の歴史や意義などを
こと細かく説明していただきました。

そしてそのIさんのこだわりは
車のナンバープレートにまで及びます。

そのナンバーは63-30、
そうです63℃、30分殺菌の63-30です。

まさに牛乳に対する思い入れがそこには見られます。


CA3K00480002.jpg

湧水が流れる清流、自然を感じました。


東毛酪農の理念として

・「自然の姿の牛乳」に備わっている、本来の力を壊さない牛乳の製造。

・持続可能な循環型、環境共生型酪農の実践。

・人工物の使用を極力控え、自然の素材を生かしたより安心で安全性の高い乳製品の生産。

・生産者、組合、消費者の繋がりを大切にした三位一体の生産活動。

というのがありますが、これってkurkkuの理念ととても似ているのです。

おいしいのはもちろんですが、このような理念に共感できる
食品を使わせていただくのがkurkkuの使命でもあると思います。

東毛酪農様、今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします!


2012.9.3milk.jpg

東毛酪農さんのみんなの牛乳です。これがおいしいプリンになります。


kurkku kitchen オオタニ


ap bank fes '12 Fund for Japanレポートその2

2012.07.30

皆様、お待たせいたしました。

ap bank fes '12 Fund for Japanレポートその2は

kurkku kitchenのスタッフたちが撮った写真を公開いたします。

いろいろ語るより見た方が早いだろうということでまずはこちらから。

2012.7.22dassyu.jpg

謎のダッシュです。彼女達はなぜ走らなくてはいけないのか?

哲学的な写真です。

2012.7.22jump.jpg

きれいなジャンプです。跳躍しています。到達ラインがピッタリですね。

2012.7.28namahamu.jpg

仕事もちゃんとしています。生ハムを切りつつ後ろを振り向いてますが

2012.7.28shigototyuu1.jpg

やはり生ハムを切ると。

2012.7.24eigyou.jpg

ドリンク部隊も頑張りました!

2012.7.24oobeyasakadati.jpg

そして旅館で倒立。

2012.7.24syuugou2.jpg

みんなでポーズ!

2012.7.28hanabi3.jpg

そして花火を見る。

2012.7.28minnnade.jpg

振向きざまに1枚。

2012.7.28senaka.jpg

そして花火を見る。

2012.7.28tititomusume.jpg

父と娘です(嘘です)。

幼女を働かせているようですが、れっきとした社会人です。

2012.7.24makanai.jpg

そしてご飯も食べます。

2012.7.28midori.jpg

緑もきれいだった。

2012.7.28kaerimiti.jpg

そして帰りながらの

2012.7.24abey road.jpg

アビーロードごっこ。

という感じで大変ながらも楽しげな雰囲気が伝わったのではないかと思います。

また来年もap bank fesでお会いしましょう!


kurkku kitchen オオタニ

ap bank fes '12 fund for Japanレポートその1

2012.07.22

おかげさまでap bank fes '12 Fund for Japan無事に終了いたしました。

フェスに関わったすべての方々へ感謝の気持ちでいっぱいでございます!

ライヴもトークイベントも盛り上がっていましたが、

残念なことは店が忙しくてどこにも行けなかったことです。

しかしライヴの音も聞こえるkurkku villageで

ライヴ音声だけは十分堪能させていただきました。

幸せでした!

さて話をkurkku kitchenに戻しますと、前回のブログでも紹介しましたが

今回もやはり短角牛とぴゅあポークのキーマカレーが

ぶっちぎりの一番人気でした。

このカレーにサルシッチャ(ソーセージ)をのせて!

と言う人はかなりの通といえるでしょう。

そして最終兵器あか牛と耕す野菜のステーキ丼は

連日すぐに売り切れと予想以上の人気ぶりでした。

また、ぜひやりたいですね!

ドリンクは茨城のネストビール、よくでていました。

やっぱりあの暑さの中では冷たい物が飲みたいものです。

そして今年登場のかち割りシリーズも絶好調で

ワイン、日本酒ともに予定数をほぼ売り切ってしまいました。

今年も連日大賑わいのフェスでしたが、

今回のレポートでは引き続きkurkku kitchenのスタッフが

撮影した写真たちを紹介しようと思います。

ただいま選考作業を続けておりますので、次回を楽しみにお待ちください!

Kurkku kitchen オオタニ

kurkku kitchen

生産者の顔が見える食材、薪や炭など、料理法にもこだわったフレンチベースのレストランです。

OFFICIAL SITE

店舗情報

  • 〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前2-18-21 koti bldg.1F
    TEL : 03-5414-0944

    MAP

  • 営業時間
    11:30-14:00(Lunch/L.O)
    18:00-22:00(L.O)/23:30(Close)


page up