HOME > BLOG > kurkku kitchen blog > kurkku villageという画期的な取り組み

kurkku kitchenスタッフの日常を少しずつ皆様にお届けいたします。

kurkku villageという画期的な取り組み

2010.07.15

またお会いしました、MCFです。

ap bank fesに特化したブログばかりですいません。

ですが、今回だけはご勘弁下さい。
実は本日から現地入りするため、
皆さんに告知出来るチャンスが無いんです。

ap bank fes'10、今回僕らkurkkuにとって画期的なことがあります。
それは、「kurkku village」の展開です。
その名も村です。村クルックです。
なぜそういう事になったかは。秘密です。
かの地でのお楽しみとさせて頂きます。

kitchen-0714-03-01.jpg

さて、そのkurkku village。
名前からイメージ出来る通り、
kurkkuと名の付くショップの集まりとなっております。

その中で、我らkurkku kitchenは
いつも通りレストランをやろうと思っております。
ここミソです。

何がミソか? もうお分かりですね、ってことはないですね。

実は、屋根付きの客席がkurkku kitchenのエリアには有るのです!
それも90席前後。

日陰です! 野外フェスでは貴重な日陰です!
しかも周りは木に囲まれた、いわば「森のレストラン」。
超マイナスイオンです。
深呼吸するためだけにでも、来る価値ありそうです。

しか〜し、問題がひとつ。
木に囲まれ過ぎていて非常に分かりづらいのです。
宝探し感覚で探してみてください、良い事あるかもです。

ここでkurkku kitchenの、ap bank fesでの他店とは違う点をご説明いたします。

・スパークリング、白、赤ワイン全て、選りすぐりの旨い国産ワインを全6種取り揃えました(グラス600円〜1500円)。
・よなよなエール生ビールあります(700円)。
・料理人がいっぱい。
・ 窓口が8個ありますので、お待たせいたしません。
・森に囲まれたエリア限定ですが、ワインのボトル売り、ワイングラスにての販売を致します。(その際デポジットを頂きます。ボトル500円/本、ワイングラス300円/個。返却口にてご返却頂いた際、全額を返金いたします。他エリアへのお持ち込みはなさりませんよう、よろしくお願い致します)

ちなみにワイングラスご利用のお客様には、キャッシュオンでワインのおかわりをサーヴしに参りますのでお席にてゆったりとお召し上がりください。

kitchen-0715-01.jpg

kitchen-0715-01b.jpg


それでは、また。
ap bank fes直前ブログ、次回で最終回予定。


(MCF)

BACK
NEXT

kurkku kitchen

生産者の顔が見える食材、薪や炭など、料理法にもこだわったフレンチベースのレストランです。

OFFICIAL SITE

店舗情報

  • 〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前2-18-21 koti bldg.1F
    TEL : 03-5414-0944

    MAP

  • 営業時間
    11:30-14:00(Lunch/L.O)
    18:00-22:00(L.O)/23:30(Close)


page up