HOME > BLOG > kurkku kitchen blog > フェスメニューの新顔、太陽チキン串 炭火焼!

kurkku kitchenスタッフの日常を少しずつ皆様にお届けいたします。

フェスメニューの新顔、太陽チキン串 炭火焼!

2010.07.14

さらにMCFです。

徒然と、誰も聞きたくないような
テキ屋でのこだわりを連発で語る、第三回。

今回は、太陽チキン串 炭火焼。
太陽チキンとは、静岡県御殿場「東富士農産」が育てる鶏です。
この太陽チキンも恐るべしでございます。

鶏の品種こそ、ブロイラー系のチャンキーという何でもないものですが、
これを通常では50日育成して屠殺してしまうところを、
自社開発の飼料で免疫力を高めた開放鶏舎にて、
地鶏と同じ80日以上育成するというとんでもないことをやっております。

ここまで育てると、どうなるかと言うと。

一般的な育て方だと病気の発生率が激増するため、
抗生物質等の薬物投与が不可欠となります。とても安心して食べられません。
ですが、太陽チキンはP-bio2という乳酸発酵飼料を餌に混ぜたり、
農場に散布したりして鶏の免疫力アップを図り、
結果、健康的に長期間育成することが可能になっています。

80日以上育てられた鶏は、驚くべき大きさになります。
分かりやすく言いますと、胸肉、もも肉ともに1枚約500g
(分かりにくいっすか? 普通売ってる鶏の2〜3倍かそれ以上の大きさです)。

想像して下さい。
超肉厚で、開放鶏舎でよく運動をしたことによるしっかりした食感、
溢れる肉汁、へたな地鶏の数段上をいく旨味。

この鶏を1本80gという(これも普通の2〜3倍)超てんこ盛りで、
かつ、与那国海塩の黒潮減流塩にフェアトレードスパイスを混ぜたものを振り、
炭火でじっくり焼き上げます!

この太陽チキン串が、1本500円、2本で900円!
ビール、白ワイン何でもいっちゃって下さいぃ!

kitchen-0714-03-02.jpg
太陽チキン串の写真がなかったので...昨年のkurkku kitchenブースの写真です。


(MCF)


BACK
NEXT

kurkku kitchen

生産者の顔が見える食材、薪や炭など、料理法にもこだわったフレンチベースのレストランです。

OFFICIAL SITE

店舗情報

  • 〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前2-18-21 koti bldg.1F
    TEL : 03-5414-0944

    MAP

  • 営業時間
    11:30-14:00(Lunch/L.O)
    18:00-22:00(L.O)/23:30(Close)


page up