HOME > BLOG > kurkku kitchen blog > 春になり蔵が今年もやってきました!

kurkku kitchenスタッフの日常を少しずつ皆様にお届けいたします。

春になり蔵が今年もやってきました!

2012.03.08

蔵という言葉から皆様は何をイメージするでしょうか?

僕は田舎にある古い家の奥に厳めしく建つ、昔のお宝などが出てきそうな蔵、

いわゆる土蔵を思い浮かべていました。

ラベルに漢字で「蔵」と書かれたシンプルなボトル。

いったいこれは何? 日本酒? 焼酎?

2012.3.7.jpg

実は(日本ではなく)フランスのワインなのです!

数々の素晴らしいワインを世に送り出している

ロワール自然派ワインの寵児、ティエリー ピュズラ。

その彼があえて日本語を使った名前である、

この「蔵」というワインを造っています。

これがまたおいしいのです!

グランヴァンのように特別な時に飲むような物ではなく、

ガブガブと日常的に飲める普通のワインです。

だけどそこがまたいいのです!

赤は今まではガメイがメインでしたが、

今年はピノノワールがブレンドされています。

自然派らしい独特の風味もありますが、

果実味のしっかりとしたキュートでクリアな香りと味わい!

ピノノワールのブレンドは例外的に行った、とのことなので

今年しかこの味わいは味わえないかもしれません。

白はソーヴィニョンブラン100%。

今までは残糖分がややあり少し甘めに造られていましたが、

今年はすっきりとした辛口に仕上がっています。

赤同様に自然派独特の風味も心地良く、体の中にしみこんでいくようです。

ファーストリリースは2007年のこの「蔵」。

ティエリーがその年に来日した際、何件かの日本の酒蔵を見学したそうです。

その時に日本独自の文化である日本酒造りに感銘を受け、

日本の酒文化、酒蔵、杜氏さんに敬意をこめて

その象徴として「蔵」という言葉を選び、

それをワインの名前にしたということです。

この「蔵」自然派のワインに興味がある人にはとてもおすすめなので

皆様に飲んでほしいのですが、

なんと限定販売のため本数が少ないのです。

うちも少ししか分けてもらえませんでした。

個人的な話ですが、最近はこのような

クリアで軽やかなワインを好んで飲んでいます。

ようやく春めいてきた気候とも関係あるのかもしれませんね。

今回はこの数少ない「蔵」をグラスワインとして提供しておりますので、

ぜひともお早めにクルックキッチンにお越しください!


Kurkku kitchen オオタニ


BACK
NEXT

kurkku kitchen

生産者の顔が見える食材、薪や炭など、料理法にもこだわったフレンチベースのレストランです。

OFFICIAL SITE

店舗情報

  • 〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前2-18-21 koti bldg.1F
    TEL : 03-5414-0944

    MAP

  • 営業時間
    11:30-14:00(Lunch/L.O)
    18:00-22:00(L.O)/23:30(Close)


page up