HOME > BLOG > mother kurkku blog > 2011年10月

マザークルックスタッフの日常を少しずつ皆様にお届けいたします。

きました!Halloween 大作戦。

2011.10.21

今年も、お化けカボチャが我が家にやって参りました。

毎年、顔作りに励んでいるわけですが、

今年は、mother kurkkuの新人スタッフに作ってもらったわけです。

まずは、この3人。

CA3I04530001.jpg
店の前で、まずはベース作り。

そしたら、こんなゲストがやってきます。
CA3I04550001.jpg
ビションフリーゼのはなちゃん。

マザーの常連犬さんです。

こんな感じで顔作りも佳境に!
CA3I04590001.jpg

このかぼちゃ、観賞用なので食べれませんが、
瓜みたいな香り。
うちのはらぺこガールズが食べようとしてると...
CA3I04580001.jpg

マザーのお客様、あみちゃんも興味心身。

そんなこんなで、新人シェフのスグルと「パッチっと」な
CA3I04610001.jpg

さて、こんな感じに仕上がっております。
マザーのおばけかぼちゃさま with New face ハマー。

CA3I04640001.jpg

たくさんの子供たち、そして子供の心を忘れない大人の皆さま。

Halloweenで会いましょう!

CA3I0467.jpg

mother kurkku 林

勉強会やります。

2011.10.16

Namida Cafe at mother kurkku

イベントやります!

276603_157867734282689_2711540_n.jpg
開催日時: 10月16日(日)/ 19:00-22:00/ 16th of October
会場: mother kurkku(マザークルック)
東京都渋谷区神宮前2-18-15
http://www.kurkku.jp/mother
※ JR原宿駅/ 地下鉄明治神宮前駅より徒歩10分(駐車場はございません)

参加料:¥1500-(1drink及び特製フィンガーフード付/
with 1 drink and delicious finger-food)
saji×mother kurkku特製のデザートもお楽しみ頂けます!
(http://www.saji-web.com/)

※ ご予約の必要はございませんが、満員となる場合もございます。ご了承ください。
企画制作: Namida Project
協力: mother kurkku


◆今回も『涙T-shirts』販売による、あしなが育英会/東日本大震災遺児支援への基金 「こどもの音楽再生基金」への募金も行います。

~Namida Café Ⅱ~涙の学校とは?~


日本の文部科学省の教科書は戦後66年に渡り、「市民と核エネルギー、政治」について検閲をして出版をし続けてきました。そのため私たちが知っていることは決して「正しいこと」だとは言い切れません。ほとんどの学校は歴史を生徒たちに教えても、「なぜ?」「どうして?」、そして「未来がどうなるのか?」を本当に話し合う機会を作ろうとはしませんでした。『3.11』以降もそれは変わっていません。

次回の『涙カフェ』は「小さな市民学校」になります。集ってくださったみなさんが、今まで知らなかった事実を学び、考え、対話するものです。「19歳、20歳から64歳までの特別講師」をお招きして、日本の核エネルギー政策はなぜ始まったのか、何が起こっていたのか、そして『3.11』以降、被災地はもとより全国の若者たちはそれをどのように感じ、考えているか、そしてどんな未来を想い描くのか。その対話から哀しみの涙を喜びの涙へと変える言葉を、智恵を交換したい、そう思います。

◆ 2011/10/16(SUN)【涙カフェⅡ~涙の学校】の時間割(Run down)◆

18:30 開場

19:00 <開演>

※ 1stドリンクは参加料に含まれております。
※ 2階ではベジー・フード、スイーツをご自由にお召し上がりください。
※ 各ブレイクタイムには1階でスライドショウを上映いたします。

19:10 <1限目開始:「戦後日本の市民史と現在」>
◎ 牧村憲一(まきむら・けんいち/ Ken-ichi Makimura) (64歳)
音楽プロデューサー/ 昭和音楽大学講/坂本龍一+編纂チーム『いまだから読みたい本-3.11後の日本』メンバー
テーマ『かつて若者は闘った~言葉と音楽で闘争した1970年代から2010年代へ』
19:50 牧村さん/お客さまのディスカッション

20:00 ブレイクタイム

20:10 <2時限目開始:「被災の現在」>
◎ 寶玉義彦(ほうぎょく・よしひこ/ Yoshihiko Hogyoku)(35歳)
詩人/農業/ 福島県南相馬市(東京電力福島第一原子力発電所20km圏内より都内退避)
テーマ『南相馬、そこにある風景。その無言』
20:40 寶玉さん、自作詩朗読『野良帰り 六月二十日 福島県 南相馬 原町区』朗読
20:45 寶玉さん/ お客さまのディスカッション

20:50 ブレイクタイム

20:55 <3時限目開始:「3.11後の未来」>
◎「経済産業省前 塩と水で考える将来のためのハンガーストライキ」メンバー(19~22歳)
メンバー:岡本直也/ 山本雅昭/ 山本幹太/ 関口詩織
テーマ『僕らと対話を。~10日間のハンガーストライキを終えて』
21:35 ハンガーストライカーズ/お客さまのディスカッション

21:40 <4時限目開始:「スペシャルプログラム」>
◎ Chris Mosdell(クリス・モズデル)
詩人/ 作詞家/ 作家
オリジナル詩の朗読 『Shake the Whole World to its Foundations』(今回のために改稿)

※ Rie Teradaさんとの英日2か国語での朗読です。

21:50 <閉会>

こちらのイベントを行うにあたり、

当日の営業は17:00クローズとなります。

宜しくお願い致します。


mother kurkku

mother kurkku

mother kurkku は東京に集まる人々がさまざまなシーンで利用できる形へと変化をした開かれた場所です。季節の野菜や果物、いつも変わらぬ美味しい料理、自然派ワイン、有機栽培のコーヒーをお楽しみ頂けます。

OFFICIAL SITE

店舗情報

  • 〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前2-18-15
    TEL : 03-5414-0581

    MAP

  • 営業時間
    11:30-17:00(Lunch)/
    17:00-28:00(日曜-24:00)
    (定休日)なし

page up