HOME > BLOG > POCP blog > 2010年9月

プレオーガニックコットンプログラムの活動を皆様へお届けします!

ELLE PLANETE×三船美佳×kurkkuスペシャルトークショー

2010.09.30

こんにちは、POCプログラム 畑です。

今日は9月26日@ららぽーとTOKYO-BAYで開催した、

ELLE PLANETE×三船美佳×kurkkuの

POCアイテムコラボ記念 スペシャルトークショーの

イベントの様子を簡単にご紹介したいと思います。




実は、私、ららぽーとTOKYO-BAYには初めて行きました。

休日ということもあり、たくさんの人でにぎわってました!
(あんなに人が多いとは思ってませんでした。。)

今回、イベントではトークショーの他に、

夏のap bank fes'10のPOCトライアルブースで

大好評だった、写真コーナーを

三船美佳さんバージョンで再現、

0930_POC_01.jpg
(今回は三船さんとも一緒に撮れるかんじ!)


小さいお子様に、綿の感触が大好評でした!!


そして、トークショーの前になると・・・

0930_POC_02.jpg

会場が人・人・人・・・

三船さんの登場を今か今かとたくさんの方々が

楽しみにまっている状況でした。


さて、具体的に三船さんが登場した後の

イベントの様子はといえば・・・・・



近日、POCプログラムwebにて公開します!!


しばしお待ちください!


POPプログラム 畑

POCプログラムのサポート内容。

2010.09.22

こんにちは、POCプログラム事務局 ハタです。

9月も終わりに近づいていますが、

まだまだ暑い日が続きます。。

今年はちゃんと秋を楽しむことができるのでしょうか。。


さて、今回のテーマは

POCプログラムのサポート内容です。

インドのオーガニックの畑を広げていくための

POCプログラムはどんなサポートをしているのかを

簡単に紹介したいとおもいます!

POC_0922_01.jpg

1 移行期間中のコットンにオーガニック栽培支援費を付けて購入

前回お話した通り、オーガニックの移行期間中は収穫量が下がってしまいますが、
この間に収穫されたコットンは通常のコットンと同じ価格でしか売れないため、
生活が苦しくなります。そのため、通常のコットンに栽培支援費を上乗せして
購入しています。


2 有機農法の指導

インドで農薬が使われ始めて20年以上が経ち、オーガニック栽培の
ノウハウがほとんど伝承されていません。そのため、オーガニックに
切り替えようとしても栽培方法が分からないという問題があります。
POCプログラムでは、堆肥の作り方や、ハーブを使った自然の殺虫剤の
作り方を指導するほか、遺伝子組み換えをしていない種を提供しています。


3 オーガニック認証の取得

オーガニックコットンとして販売するには、農薬を使っていないという証明を
第三者機関からとる必要があり、その証明取得のサポートを行っています。
(プレオーガニックコットンも第三者機関の認証を取得しています。)


4 収穫時の購入保証
POCプログラムへ参加しやすくするため、
収穫できたコットンはすべて買い取りを行っています。


こうやって、少しずつですが、

オーガニックの畑を広げていくことで

こんな笑顔の子供たちに、
POC_0922_02.jpgのサムネール画像

素敵な地球をバトンタッチしていきたいと

思いながら活動してます!






POCプログラムって何!?

2010.09.10

こんにちは。

前回の脱線を経て、

POCプログラムって何?

というところから、お話できればと思います。


POCプログラムとは、簡単に言うと、


"インドコットン農家のオーガニック栽培への移行を支援するプログラム"

POC_0901_02.jpg

↑コットン畑



私たちが普段何気なく使っている、Tシャツやデニム、タオルなど、

身の回りにはたくさんのコットンが使われていますが、

実はコットンを育てるのに、大量の農薬も使われています。


この農薬は、人間や動物、植物、すべての生き物に有害な物質で、

大きなダメージを与えています。


POC_0901_01.jpg

農薬散布↑




その中でも、インドでは、小規模なコットン農家が多く、

生産設備が整っていないため、マスクもせず、

裸足で農薬の散布を行う等、

農薬が及ぼすダメージが顕著に表れています。


この問題を解決する方法として、

農薬を使わずにコットンを育てる、

オーガニック栽培という選択肢があります。


しかし、オーガニック栽培をスタートするには、

色々とハードルもあります・・・


オーガニック栽培を始めてから、

オーガニックコットンの認証を取得するには、

移行期間として3年間、無農薬栽培を続けなければいけません。


その移行のために、農薬の使用をやめると

コットン収穫量は20〜30%ダウンします。

しかし、移行期間中に収穫されたコットンは

通常のコットンと同等の価格でしか販売できないため

農家にとって大きな経済的負担となります。



また、インドでは農薬が使われ始めて20年以上が経ち、

オーガニック栽培に必要な有機農法のノウハウが

ほとんど伝承されていなかったり、

オーガニック認証をとるための第三者機関への

申請の方法がわからなかったりと、

いくつもの問題があります。


これらの問題を解決するサポートをするのが、

POCプログラムなのです!


じゃあ、具体的にはどうやってサポートをしているの??


続きは、次回で書きます!

お楽しみにー!



twitter:@preorganic


プレオーガニックコットンプログラム

化学農薬被害に苦しむインドのコットン農家がオーガニック栽培へ移行するため、負担のかかる3年間の移行期間をサポートして、オーガニックな世の中へといざなうプロジェクトです。

OFFICIAL SITE

Twitter

page up