HOME > 修繕ばんざい > 第1回 乙女ゴコロ。埋めたい隙間。

修繕ばんざい

 

第1回 乙女ゴコロ。埋めたい隙間。2009年10月 8日(木)

深まる秋。

日が暮れるのも早くなるし、肌寒くもなるしでおセンチな今日この頃。

なんだかココロもポッカリ。

このココロに開いた穴をうめてくれるのは、温めてくれるのは

何だろう、鍋か?、それともイケ男か?

と迷走しかけていたところに、目にとまったお店のサービスフレーズ、

「こげ穴、虫食い穴、開いてしまった穴キレイに直します」......。

......、アラ〜!! こんな身近にあったのね(笑)

隙間を埋めてくれるといったら修理屋さん、
きっと私のココロの穴も埋めてくれるはずだよね。

というわけで、

どうせなら、新しいものを買ってすぐ捨てるくらいなら
今持っているものを修理をして愛着をもって使ってみよう!
というこの企画。

栄えある第1回の取材先が決定し、修繕工房にお邪魔することになったのでした。


ご当地ゆるキャラ「浦和うなこちゃん」が
出迎えてくれる駅から、歩いてすこし。

着きました。こちらが今日の訪問先、
「お直し総合センター」さんです。

shuzen_01_1.jpg

こちらは、洋服の修繕やリメイクのサービスをされているお店。

皆さん洋服の修繕とかって面倒だって自分でしないですよね?

もちろん、私もそうなんですけど(笑)。


あ、ここにもゆるキャラ?
ウィンドウには店の看板娘のウサギちゃんがいます。
(ちなみに名前はミミリーちゃんと言うそうです。由来は不明......)

何気にピンクッションとメジャーをアクセに
アピールしてるのがニクイですね〜(笑)。

shuzen_01_2.jpg

いろいろな要望にこたえるサービス内容を書いたブドウの絵にはこんな文字。

「ネクタイの幅が広すぎる」
へえ〜! こんなこともお願いできるんですね!

確かにたまにバランスがちょっと......。っていう方もたまにいらっしゃいますもんね。
今度そんな人がいたら、「直せるよっ♪」とこそっと教えてあげたい(おせっかい)

「ウエストがキュークツ」
ウエストのサイズって広げることもできたんだ!?

すごい!! これには目からウロコって感じです!! 

詰めるのはできても、広げるのは無理だと思ってました。


あ、あと「スリット開けてみたい」っていうのも、
個人的には色っぽくて気になります(笑)。

shuzen_01_3.jpg

とウィンドウをジロジロと眺めていた私。
その脇で、私にも熱い視線が注がれているのを見逃しませんでした。


「こんにちは。どうぞ中へ」

視線を投げかけていたその人は、
今回取材を引き受けてくださった取締役の竹村さんでした。

さて仕事モードに切り替えて(笑)。
取材開始といきますか。

店内には、
広々としたカウンター......。

(あ、受付の方、「写真にうつっちゃ駄目だわっ」とそっと
奥にかくれてしまったようです)

お気遣いありがとうございます。


おや、(目を細めたら見えるはず)
カウンター越しになにやら、見えます。

点滴チューブのように天井から吊り下げられておりますが......。

一体なんですかね?

shuzen_01_4.jpg

好奇心の赴くまま、遠慮もなく奥へとずずいと「失礼します〜」


次回はいよいよ、
普段では見ることのできない、驚きの修繕の現場をご紹介します!

第2回へつづく〜。

バックナンバー

page up