HOME > 修繕ばんざい > 第5回 もうダメだ、と思っても案外イケる。

修繕ばんざい

 

第5回 もうダメだ、と思っても案外イケる。2009年10月15日(木)

ミシンを前に「わ〜」と驚いていた我々ですが、

鴇田さんはもうすでに、別の場所へと移動してます。

あれ、これもミシン?
shuzen_05_01.jpg

「そう、ロックミシン。これで生地の端にステッチを入れていくの」

このミシン、家庭じゃなかなかお目にかかれないです。

そして、鴇田さんはまた、元のミシン台へと足早に戻っていきます。

「股下の部分のあて布をかぶせて縫って、これでミシン掛けはおしまい」




と、また長岡さんにバトンタッチ。
内側から、外側から再度アイロンがけをされたら......。

ようやく修繕完成!! お疲れ様です!
おふたりの連携あっての修繕なんですねぇ。と勝手にしみじみ(笑)

そして、見てください、この仕上がり!

shuzen_05_2.jpg

さっきまでポカーンと開いていた穴が
見事にこの通り、これだけしっかりと縫い合わされたら
明日からも安心してまた自転車も乗れますね!



ところで、これまでたくさん修繕をされてきたと思うんですが、

もうこれはダメだ、直らないって思ったものとかってないんですか?

「う〜ん」おふたり顔を見合わせて......。

「ないわよね〜(笑)」「ね〜」

え〜? ホントですか!

「たまには、穴が広がっちゃってどうしようかって状態のものもあるんだけど」
「だいたい、直っちゃうわよね! 意外と」「そう案外ね」


そうか〜案外イケるんですね(笑)。

もうだめかって思っても?
「そう、持ってきてもらえれば何とかできるかもしれないしね」

心強いお言葉ありがとうございます!! うれしいですね。
修繕屋さんでこんなに頼りがいのある方々に出会うとは。(ホクホク)


竹村さん、工房ではスタッフとフランクに話されてましたけど
みなさん仲が良いんですね〜。

「もうね、長年の付き合いの人ばっかりだから。店舗を出した
昭和53年からのメンバーもいるんですよ。信頼できるし、
彼らには安心して修繕をお願いできますよ」


shuzen_05_3.jpg

なるほど〜。工房に流れている和気あいあいとした雰囲気と
見事なチームプレーはそういうことなんですね。


丁寧にひとつひとつ修繕されるのを見て
ひとつのものを大事に使いつづけていくのも
悪くないなあって思えました!


と、現場取材に浮かれ
秋の憂いと乙女ゴコロの隙間のことなど
すっかり忘れていた私でした。


お店情報

お直し総合センター 浦和西口店
埼玉県さいたま市浦和区高砂2−1−17
TEL 048-825-3535
営業時間 10:00〜19:00 無休
アクセス JR浦和駅西口、旧中山道交差点を左折、ワシントンホテル隣り。


今回取材させていただいたお店のほかにも、
東京・埼玉・茨城・栃木に合計60店舗もの支店があります。
詳しくはこちらのHPをご確認下さい。
http://www.onaoshi.co.jp



遠方のみなさんは、こちらのネットの修繕サイトへ。
お洋服などはほとんどサカエさんが手がけています!

naosu
http://www.netprice.co.jp/naosu/index.html




今回の洋服修繕リポートはこれにておしまい。
次回どんな現場に行くかはお楽しみに。

バックナンバー

page up