HOME > 修繕ばんざい > 第10回 眼鏡のために。

修繕ばんざい

 

第10回 眼鏡のために。2010年2月 5日(金)

最後に伝次郎さんから、
眼鏡を長く使うコツを教えてもらいました。

「まず、今回修理した1本目のようなテンプルの幅が広がっていくのは
片手で外したり掛けたりするクセがついているから。
常に両手で顔の正面から掛けたり外したりすることを心がけてほしいですね」

あ〜、Sにもよくよく言い聞かせておきます(笑)。

「眼鏡ケースにもいろいろありますが、
小さいものはもちろん眼鏡のテンプル部分を締め過ぎて
ゆがみのもとになります。大き過ぎても眼鏡が遊んでしまうので、
ちょうど良いものを使うように」

ケースにしまえば、3本目みたいに出しっぱなしで踏んづけるってこともないですよね。

「汚れはこまめに拭いて欲しいですね。
プラスチックも長く使えば素材も乾燥してきますので
ベビーオイルなんかで拭いてあげるのもいいと思います」

ありがとうございます!!

私も、家に戻ったら眼鏡汚れてないかチェックします!



さて、今回お邪魔しました アイウェア メビウスさん

販売・修理の営業のほかにも、楽しいイベントも随時開催されているようです。

自分だけの1本を自分で作ることのできる「めがね手作り教室」もそのひとつ。
レベルも初級・中級・上級と上がることによってスキルもアップしていくそう。

2月14日には教室100回目を記念した、手作り教室も開催されるので
HPをチェックしてみてください。


shuzen07-10-1.jpg

アイウェア・メビウス eyewear MEBIUS

東京都渋谷区神南1-20-12 遠山ビル3階 
営業時間 AM11:00〜PM20:00 
定休日 なし(展示会などで、臨時休業する場合があります。) 
電話番号 03-5728-2018

今回の眼鏡修繕レポートはこれにておしまい。
次回どんな修理の現場にお邪魔するかは、お楽しみに。

バックナンバー

page up