HOME > 修繕ばんざい > 第6回 接着じゃなくて溶着!

修繕ばんざい

 

第6回 接着じゃなくて溶着!2010年2月 1日(月)

前回選んだ新しいノーズパッド、これを着けていく作業ですが、
最初私が「何で接着するんですか〜?」と聞きましたところ

「接着じゃなくて、溶着ね」
と伝次郎さんの指摘が。

「プラスチックフレームとノーズパッドの双方に
溶着材をつけてお互いに溶かしながら着けていくの。
接着よりも密着してキレイに着くんです」

ほお〜。

伝次郎さん、シルバーのケースに入った液体状の溶剤を
水彩画で使うような筆でフレームとノーズパットに載せています。

そっとパーツを合わせて溶着。

しばらく待つこと1時間。
(実際はこのあと1日かけて安定させるそうです)

解体していた、テンプルをとりつけて、
完成です。

shuzen07-06-1.jpg


しっかりと高さのあるパッドが着いているのがわかりますか?


メビウスさんでは、フランス製やイタリア製、ドイツ製など
眼鏡もたくさん扱っていらっしゃいますが、
提供するときにノーズパッドをお客さん仕様にアレンジしてくれるサービスも。

「せっかくデザインが良くて気に入っても、
 やっぱり眼鏡は掛けやすくて使いやすくなくっちゃね」

その通りです!

さて、ノーズパッド修理を動画でもご覧下さい。


第7回へつづく〜。

バックナンバー

page up