HOME > 修繕ばんざい > 第2回 文京区にある小宇宙。

修繕ばんざい

 

第2回 文京区にある小宇宙。2010年3月 9日(火)

到着したのは、文京区千石。
今では数少ない、万年筆をパーツひとつからすべて手作りで製作する
川窪万年筆店さんです。

さて、お店に入ると
「工房で作業しているのでそちらへ」
とのこと。

お店とは目と鼻の先ほどの距離に位置する、こちら「川窪製作所」。
牛乳瓶受けが取り付けられ、入り口からも懐かしいにおいを感じます。

shuzen10_02_1.jpg

カーテンが閉められた戸口の隙間から中を伺いますと......、
部屋中が工具や機材、材料類で埋め尽くされた
なにやら小宇宙のような空間。

shuzen10_02_2.jpg

年代もののラジオが積まれていたり、
なつかしキャラクターの玩具が無造作に置かれていたり。
面白そうな工房をガラス越しに覗いていると、
奥から「どうも〜」と顔がのぞきました。
川窪万年筆店・三代目 川窪克実さんです。

「いやぁ〜、ひとりで使ってるとどこに何があるかもわかってて
あんまり片付けないんですよね(笑)」

と照れくさそうに言いながら、
ささっと椅子を出してくれる手際の良さを見ると、
川窪さんなりに計算された配置のよう。

濃厚な雰囲気にすっかり気をとられてしまいましたが、
本題の"書けない万年筆"を見てもらいます。

「これ、インク詰まりですね」

ものの数秒で原因をつきとめてしまった川窪さん。
「ペン先にインクが乾いて付着しているのがみえるでしょ。
使用されていた黒インクは、ほかの色のインクより固まりやすいんですよ」

shuzen10_02_3.jpg

インクに含まれる成分が関係してるそうなんですが、
ブルーブラックやブルーのインクより、黒は固まりやすいとか。

「インクの色も変われば、書き味なんかも変わってきますよ」
見た目にはちょっとした違いの色でも、
使い勝手や書き味に差が出てくるとは驚きです。

第3回へつづく〜。

バックナンバー

page up