HOME > 修繕ばんざい > 第6回 もりもり盛る。

修繕ばんざい

 

第6回 もりもり盛る。2010年3月 1日(月)

できあがった土台に、今度はシャンデリアの飾り・クリスタルをつけていく作業。

まずは、中心部分に粒の大きいクリスタル。

shuzen09_06_01.jpg

このパーツにも
何種類かのクリスタルが組み合わされています。

実際、作っているところを拝見すると、

shuzen09_06_02jpg

針金をパーツの穴に通してペンチでねじる。

そしてできあがったのがこのパーツ。

shuzen09_06_03jpg

フレームをつなぐように垂れ下がる優雅なクリスタルのチェーンも、
ひとつひとつ針金で繋ぎ合わせて作られています。
この細かな手作業。
素人目には、ちょっと気が遠くなりそうです。

パーツ作りの仕込みがそろったところで、
いざ本体に取り付ける作業へと移ります。

作業を見せてくださるのは、店長の蟹谷さん。
以前は照明メーカーで働かれていたそうですが、
実際に自分の手で作ったものを販売したいという思いから
こちらのお店で働くようになったといいます。

照明本体にパーツを取り付けるため
三脚を立てて作業にかかります。

手元は白い手袋。力を入れずに
そっとパーツをつかむしぐさにも、
繊細なガラスへの配慮が感じられます。

第7回へつづく〜。

バックナンバー

page up