HOME > vege-reso > ともぞう

vege-reso project

ap bank fesに関わるアーティスト、スタッフ、そしてap bankの活動に共鳴する人々が、実感を分かち合うプロジェクト「vege-reso」。5月6日に全国の参加者が一斉に野菜の種を撒き、プロジェクトはスタートしました!ここは、参加者の畑の様子を一望できる共同農園。それぞれの野菜の成長を観察しながら、みなさんも実りを感じてみてください。

ともぞう(農家埼玉/複数)

07月17日
こどもトマト



トマトがなりはじめました。まだ青いけど。

こどものトマト。早く赤くて甘~いトマトになぁれ!

vege-reso-0717-41-blog1.jpg

明日からapbankfesですね。

今年は、チケットあったんだけど、
ベイビーがお腹にいるため、参加できず...残念無念...

暑くなりそうなので参加される方は、
熱中症にならないように気をつけて楽しんでくださいね。

アーティストやスタッフの方もがんばってください!

成功を祈っております。




07月01日
開花!



植え替えをして2週間。

トマトの花が咲きました!
黄色いかわいらしい花です。

vege-reso-0701-41-blog1.jpg

オクラもすくすくと育っています。





06月16日
植え替え完了



トマトとオクラがだいぶ成長してきたので、
栽培バックに植え替えしました。

栽培バックにはトマト一株を植えました。
あまり狭くなっちゃうとかわいそうなので。

残りのトマト一株とオクラたちは、
職場の花壇に地植えしました。
栽培バックも同じく花壇に置いてあります。


花壇の花に囲まれて、あまーいトマトがなりますように。

vege-reso-0616-41-blog1.jpg






05月24日
順調です



一週間ほど前からお日さまの光を浴びさせていたら、
トマトらしい葉っぱが出てきました。

vege-reso-0524-41-blog1.jpg

順調に育っています!


ちなみに私のおなかのベビちゃんも順調です!


05月12日
発芽


オクラ、トマトとも元気に発芽!


vege-0512-41-blog01.jpg
 

トマトは生き残った種2粒から両方芽が出て、一安心です。



05月07日
奇跡が重なり

本日、埼玉県美里町の農家さん宅におじゃまして、種まき完了しました!
農家さんは初対面でしたが、とても気さくで親切な方でした。


奇跡的に家も近く、身近に感じました!
昨年のap bankの話で盛り上がりつつ、まずは、vege-resoセットの確認から。

「へぇ~、こうなってるんだね~。」農家さんも初めて見たらしいです。


種はオクラと、トマトを選びました。
オクラは大好きなので。トマトは職場のみんなで食べられそうだから。
(栽培バックに植え替えたら、職場で育てようと思っています。)


種をまく用のポットは、
こないだのBBQで余ったプラスチックのカップを半分に切って、
底に穴を空けてつくりました!
 農家さんの奇跡的なアイデアで、切った上の半分は、
逆さにして色紙を貼って暗幕(種の寝場所)に使います!
ムダなし!!


ポットに土を入れて、お水を入れます。
今日は夏みたいに暑くて、シャワーが気持ち良さそうでした。
小皿にお水を少し入れて、下からお水を吸えるようにしました。

vege-0507-41-blog01.jpg

いよいよ、種まき。オクラの種を3つずつまきました。元気に発芽してね☆
さぁ、次はトマトだ!

と、ここでトラブル発生!!

さっき袋から出しておいたトマトの種がないっ!
風でとんでしまったのか、下に落としてしまったのか!

辛うじて、1つはあったのですが、いくつかまきたかったので、
テーブルの下を必死で探す農家さん...。もちろん、私も必死で探しました。
そして、奇跡的に1つ見つけ、2つの種を大事にガーゼに包み、水の中へ。
何時間か浸してポットにまきました。


一通り、作業がおわり、ap bankのこと、農業のことなどを話していたら、
私のvege-reso申し込みのコメントの話になり、今日一奇跡的な事実が!!

「自分の子どもを育てるくらいの愛情をもって野菜を育てたい」
みたいなコメントをしたのですが、
なんと!ほんとに子どもができたのです!
今日、午前中病院に行って、分かりました。
まだエコーにも映らないほど小さいけど、確かに私のお腹にいるんだって。

そんなホヤホヤな話をしたら、
農家さんもほんとによろこんでくれて、うれしかった!!

vege-0507-41-blog02.jpg

vege-resoの野菜たちと一緒に元気に育ってね!
vege-reso topに戻る
page up