HOME > SERIES > vege-reso > vege-reso news > まだ間に合う! 秋冬野菜!

vege-reso project

ap bank fesに関わるアーティスト、スタッフ、そしてap bankの活動に共鳴する人々が、実感を分かち合うプロジェクト「vege-reso」。5月6日に全国の参加者が一斉に野菜の種を撒き、プロジェクトはスタートしました!ここは、参加者の畑の様子を一望できる共同農園。それぞれの野菜の成長を観察しながら、みなさんも実りを感じてみてください。

vege-reso news(vege-resoスタッフ)

10月07日
まだ間に合う! 秋冬野菜!

お久しぶりです。 toyomaxです。

10月に入って、
ようやく朝夕が冷えるようになってきました。
いよいよ本格的に秋冬野菜づくりの季節です!


vege-1007-news-blog01.jpg

※写真はブロッコリーの芽が発芽したところ

さて、
今日は今からでも間に合う、そして、
栽培バッグの土でもできる秋冬のおすすめ野菜づくりのご紹介です。

vege-resoに参加いただいた方は、栽培用の土が空いていると思いますので、
是非、秋冬野菜にもチャレンジしてみてください。

けっこういろいろ作れるので、野菜選びから楽しめますよ!

●コマツナ、レタス、ルッコラなどの葉ものは涼しい気候であれば
季節を選ばないので、比較的つくりやすく、おすすめです。
レタスは、いろいろな種類があるので何種類か植えて
ベビーリーフを楽しむのもいいかも。
寒さに強いホウレンソウもおすすめです。

●エンドウマメ
・10月〜11月に種を播いて、5月頃に収穫します。
期間が長いのでじっくり育てたい人におすすめ。
グリーンピースやスナップエンドウ、サヤエンドウなど、
種類もいろいろあるのでお好みで植えてみましょう。

・バッグに1株〜2株くらいしか植えられないのが寂しいですが、
実は長く採れます。

●ラディッシュ、カブ
・「すぐに収獲したい!」というわがままな人におすすめは、
なんといってもラディッシュ(二十日大根)。
その名のとおり、20日くらいで収穫できてしまいます。

・間引きの仕方にもよりますが、栽培バッグの土を
コンテナに移したりして広くとれば、20株くらいは収穫できるかもしれません。

●間引きニンジン
・ニンジンの種まき時期はとっくに過ぎているのですが、
日当たりのいいガレージや比較的暖かい中庭のようなところであれば、
ニンジンも作れます。

・といっても、栽培バッグの深さだと、本格的なニンジンはできないので、
「ミニ」のうちに収穫する間引きニンジン。
種を多めに播いて、まだ小さいうちに引っこ抜いて食べます。
葉っぱも食べられるので、サラダに添えたり、てんぷらにしたりして楽しめます。

・寒い場所であれば、ビニールなどで覆って、
小さな温室にしてあげると作ることができます。


といった感じでしょうか。
いずれの場合も、肥料を加えてあげる必要があるので、
近くのホームセンターなどで入手して、
野菜に応じて肥料をあげてからスタートしてみてください。


もちろん、耕す木更津農場でもこうした秋冬野菜の準備を着々と進めています。


そこで、みなさんにお知らせです!

詳しくは「ONE for Nature」のページを見て欲しいのですが、

今回「ONE for Nature」というプロジェクトの一環で、
耕作放棄地の開墾作業や秋冬野菜の栽培をたくさんの人と
一緒に体験できることになりました。


秋冬の野菜づくりはもちろん、
ぼくたちが日々取り組んでいる開墾作業なんかを体験できる
ちょっと他にはない機会です。

「ええっ!?こんなところが畑になるの?」

というビックリもあるかもしれません。

秋空の下で、みんなで気持ちいい汗を流してみたい!
という人は、是非応募してみてください。

天候によって、体験できる作業内容は若干変わることはあると思いますが
日ごろvege-resoに取り組んでる人、応援してくださっている人と
一緒に農作業できるのを楽しみにしています。

ONE for Nature: http://www.onefornature.jp/ (PC)



page up