HOME > BLOG > ap bank fes’10 スタッフブログ > 7/23 撤収2〜4日目 そして大道芸人

ap bank fes'10のスタッフによる、日々の記録。開催までの道のりや会場の風景など、フェスの裏側をお届けします。

7/23 撤収2〜4日目 そして大道芸人

2010.07.23



まだつま恋です。
本日撤収を終えて東京に帰る予定です。(順調に進めば。)
7/23 14:00現在。


撤収2〜4日目の写真ダイジェストです。

0723-1.jpg
細かなごみを拾います。


0723-2.jpg
本部を出るはちさん。20日あたり。


0723-3.jpg
帰っていく竹平さんの背中。これは21日あたり。


0723-4.jpg
kotiです。


0723-5.jpg
puuももう少し。


0723-6.jpg
グッズところ。


0723-8.jpg



今年の新たな試みのひとつとして、
当日まであえてアナウンスしませんでしたが
大道芸人プロジェクトというのをやってみました。
会場に入ったら、いたるところにお客さんでもスタッフでもない
変わった人たちがいるという仕掛けです。

これは、イタリアの街中で、
へんてこな格好の人が何をするでもなく存在していて、
そこを通る人々にちょっとした笑顔や、
ちょっとしたハプニングを提供していたのをみて思いつきました。

さっそく日本で大道芸人フェスを仕切っている
橋本さんという方を紹介してもらうことになり、会ってみました。
そんなオファーが来るとは思ってもみなかったようでしたが、
話をしてみると意気投合し、手伝ってもらうことになりました。

会場を盛り上げたり、みんなを異空間に引きこむことも一つの狙いですが
お客さんが自分たちの常識やルールに対する発想の転換を意識したり、
思いやりや、マナーをに関するメッセージを
係員の注意や文章だけではない方法で、ユーモア込みで伝える演出が
LOVE CHECK的視点でもってできればいいな、と思い仕掛けてみました。

初めての試みだったので試運転的な部分もありましたが、
やはり彼らのパフォーマンスがもつ、人を引き付ける力は凄くて、
あっという間にあちこちで注目されているその影響力には
いろいろとヒントをもらいました。


0723-9.jpg
スタッフエリアを普通に歩いているその姿に
最初はスタッフもギョッとしていましたが、徐々になじんできました。
「見られていますよ。」ということです。


0723-10.jpg
水をあげるクラウン。
無理せず気楽に行こうよ。というメッセージや、
マナー啓発をお願いしていましたが、
今年は暑過ぎて、バテた人たちを癒す役割が多くなったようです。


0723-11.jpg
足長と記念撮影するミキティ--。


0723-7.jpg
食良くんで記念撮影。


モリマサシ







BACK
NEXT

ap bank fes'10事務局

ap bank fes '10運営事務局の精鋭3名、モリマサシ/トリ/ナカムラがお送りしていきます。

Twitter

page up