小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

学びの場

2010.02.06 23:17

まだ未知数のところもあるんだけれども、
堅く言うと、サステナブルをキーワードにした
学びの場所をつくらないか、という計画があります。

これは何年も前からやりたいと思っていたことなんだけれども、
いろんな縁があって、都心でできるスペース
およびファンクションがつくれるのかな、という段階にきています。

1900年前半、ドイツに「バウハウス」という
アートや建築に関する学校があって、
それは工業化していく社会に対して
あるメッセージを唱えていたと僕はとらえているんだけれども、
つまり言いたいことは、いま、そのテーマとなるのは
「持続性」ではないでしょうか。

各ジャンルや部門で閉ざされたものではなく
横の繋がりや全体観を見ながら
人を育てていける場所がつくれたらなぁという思いです。

kurkkuや農業なんかも含めて
アウトプットが少しずつ機能してきているので、
いよいよインプットですかね。

とはいうものの、すべてはまだまだ未知数です。


kobayashi_0206.jpg
寒かったですが、いい天気でした


BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。