小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

花蓮街(かれんがい)

2010.05.26 16:00

二日前、ツアー二日目の仙台公演だった一青窈さん。
僕が一青窈さんのニューアルバムをプロデュースしていることを
知っている人もいるかと思いますが、
今回、コンサートの方も僕が総合プロデュースをやっております。

機会があったら是非観てほしいんだけれど、
ニューアルバム「花蓮街」のCDジャケットを
今回のステージでも舞台セットとしているんですが、
種田陽平さんという、映画「スワロウテイル」の美術をやった
いまや日本を代表する舞台美術の方が作ったんです。

架空の花蓮街という街に、
あらゆる人間の感情が宿っている
それが居着いてもいい街、という設定でアルバムが作られ、
コンサートもそれを軸に進行します。

これから観る人もいると思いますので詳しくは控えますが、
ライブと音楽劇の中間みたいなテイストかな。
でも非常に面白いです。
機会があれば、ぜひ観に行ってみて下さい。

kobayashi_0525.jpg
ゴーヤ、もう少し丈夫な芽であってほしい...ちょっと貧弱です



BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。