小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

POC農家

2010.11.30 00:32

プレオーガニックコットン(POC)農家へ訪問した時の話をします。
僕らが向かったのは、ムンバイから飛行機で1時間ほど北上した
インドールという町から、車で3~4時間走ったところにある村々でした。

最初に訪れたのは、
POCのプロジェクトに入って1年目の農家。
僕はそこで初めて綿花畑というものを見ました。
一応知らない人のために言っておきますと、
土から生えている高さ70~80センチぐらいの植物の上に
白い"コットンボール"と呼ばれるものが、
畑一面に広がっているのです。
そのコットンボールは、触ると完全に僕らの知っている「わた」なんですよ。
収穫の時期ですから、僕らも何個か手でコットンボールをもぎ取って
中を割ってみると、そこには種が6~7粒詰まっていました。
ちなみにその種は綿実油という油になります。
どういう経路で綿が生まれてきたのか、よく知らないんだけれど、
自然の力の不思議さを改めて感心してしまいました。

何軒もの農家をまわらせていただき、
インタビューもさせてもらいましたけれど、
どこの農家の方々も本当にPOCを導入して良かったと
口々におっしゃっていました。
その理由の最初に出てくるのは、当たり前だけれど
農薬を使わなくなったということでした。
農薬というのはインドでも相当高いもので、
いろんな形でそれを売っている組織というのも複雑に絡んでいるようで、
無農薬栽培に転向したと言うと、
それなりの圧力みたいなものもあるようなのです。

僕が訪問したある村では、
最初POCに参加してくれた軒数は、
70件ある農家のうち半分以下だったのですが、
クチコミでどんどん広がって、いまでは過半数を超え、
近隣の村まで広がってきているそうです。
村の方は、おそらく他にまだ残っている農家も
どんどん変わってくるのではないだろうかと言っていました。

来年からPOCに転向するという農家の人にも会ってきました。
その人は健康上の問題も抱えていて、
周りにいるPOCへ転向した人の姿を見て、これがいいと思い、
転向しようと決めたようです。


kobayashi_1130_b.jpg

kobayashi_1130_d.jpg

kobayashi_1130_c.jpg





BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。