小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

リハーサル3日目

2010.06.24 00:35

Bank Bandでフェスのリハをやっていると、ふと思うことがあります。
僕はどちらかというと、細かい人間なのか、大雑把な人間なのか。
つまり、簡単にどちらか側と言えることではないけれど、
ライブアレンジをみんなで作っていて
原曲をどこまで尊重すべきだろうとか、
ライブならではな感覚を、という時に、
僕は確実にそれをオリジナルというものから
膨らます方向でボールを蹴ったりします。
(ここで突然ワールドカップ風ですけれども。明日もよろしく)

最近lego big morlというバンドと
ちょこちょこやりとりをしているんだけれども、
時々彼らのアレンジをどうするか迷っている点、
その細かさに理解できないことがあります。

一方で思い出すのは、ミスチルやYEN TOWN BANDで、
NYのウォーターフロントスタジオでやっていた
アナログレコーディングな感じなんだよね。
その時によく出ていたのは、『スラッピー』という言葉でした。

続きはまた明日。


kobayashi_0624.jpg


BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。