小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

パーティーなう。

2010.06.08 01:34

あと9年で60才になります。
つまり51才になりました。
それが最大の実感であります。

この9年間に何をやるかというと、
やりたいことはいろいろとあるのです。
やりたいことをやるだけだし、且つ、大切にしたいこともある。
だけど、それ以外のこともいっぱい振り掛かってくる予感もする。
つまり、僕の周りのマネジメントの人たちが
おそらくすごい大変になる10年ってこと。

いまパーティーをやってくれているんだけれど、
スタッフと僕はやっぱりチームなんだよね。
いっぱいいろんなチームがあって、それが集まって、
ひとつの大きなチームになっているんだなって感じがします。
もちろん今日いない人たちも含めて。
櫻井君でも、JENでも、レミオの亮太でも、
今日来てくれている大沢伸一君でも同じってこと。

10年前、会社が大変な時に、
1年にひとつずつ増加する年輪みたいな話を
言ってくれた人がいたのです。
その時は「何言っているんだ、ジジイ」みたいに思ったんだけど。
そのジジイというのは、実は小倉博和さんなのです。

kobayashi_0607_2.jpg
お祝いメッセージをくれた皆さん、ありがとうございます


BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。