小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

ドライスーツ物語 第三章

2010.06.14 01:17

浮上し終えた僕は船に乗りました。
幾分海底にいる時よりは楽になっているのが
不思議に思ったのですが、
僕のアテンドしてくれたガイド
(今更だけど、若くて人の良さそうな男でした)は、
ドライスーツの胸の真ん中あたりにある
でっかいダイヤルのようなものを押すかまわすかをした後、
くつろぎのポーズと表情をしたのでした。

僕はとっさに思いました。
「なんだっけ、このダイヤルは?」
そしてすぐさま、その言葉を口に出してガイドに聞きました。

「あ、これですか?
これは、あのー、ドライスーツの空気圧を調整するものなんですよ」

「・・・!?」

僕は15年前の記憶が走馬灯のように蘇りつつ、
そりゃそうだよなと思うと同時に、
なんでボートに上がってから言ってんだこのガイドは!
と、激情が込み上げてきたのですが、
口から出てきた言葉は、
「潜る前に言って欲しかった......」
と、一言だけ。

ガイドは、
「あ、すいません。」
とさらりと言ってのけてくれましたが、
陸に帰ってからドライスーツを脱ぎ捨て、
セーター、ジーパンがある程度湿っていたので
それも脱いで更衣室の鏡に自分の肩を映して見たところ
それはすごい体になっていたのです。

まず首のまわりには、
何かの首輪をはめられたに違いないような赤い傷跡、
そして喉ぼとけの間から胸のちょうど真ん中、
例のダイヤルがあった位置あたりに
真っ直ぐ赤い線が伸びていて、
ダイヤルの位置には赤い内出血。
どんだけ特殊なことをしたのか、
という以外につきようのない傷跡、
それだけでなく手や腕や足、脇腹など
無数の縛り跡のような赤い傷がついていたのです。

さすがに焦りましたが、つまりは水面で
ある程度ドライスーツの空気を抜いた状態じゃないと
潜水できないから、抜いてはいたんだけれども、
深く潜れば潜るほど、水圧で締まってくるんですよ。
10メートルで約2倍の圧がかかるんですね。
つまりそこまで潜ったら、
ダイヤルを開いて空気を入れてあげなくちゃいけない。
それがドライスーツの正しい使い方だったのです。


kobayashi_0614.jpg
kurkku 3新メニューの打合せ。もうじき変わります

BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。