小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

久しぶりのエコレゾトーク

2010.06.27 00:17

「SLAPPY」の続きはまた今度にするとして、
今日は久々のエコレゾトークの取材。
菊地凛子さんと対談しました。
お相手として考えてみたら、初女優でした。

彼女とは一度お会いしたことがあって、
二年前のMTVミュージックアワードで、
U2のBono(ボノ)が僕と櫻井君に、
"社会のためによく頑張ってますね"という賞をあげたいと言ってくれたので、
いただきにいこうと埼玉スーパーアリーナに行ったときの
Bonoを紹介するプレゼンテーターだったのです。

僕はBonoと会えたことももちろん嬉しかったですが、
菊地凛子さんに会えたこと、
そして少し会話ができたことが、かなり嬉しくてですね。
つまり、それくらい当時彼女が出演して話題になっていた
『バベル』という映画が好きだったということです。

今日の対談でも出ていたけれど、彼女が踊るシーンがあって
そのクラブでDJをやっていたのが実は大沢伸一君なんですよ。
ちょうど彼とも今日Bradberry Orchestraのデータの件で、
電話でやりとりをしていました。

かなりLOVE CHEKEYな対談になったと思うので
ぜひトーク記事がアップするのを楽しみにしていてください。

実際に話してみると、予想を大幅に裏切るぶっちゃけ女性、
だけど、本当に頭のよい、魅力的な女性でした。


次回は「SLAPPY」の続きです。


kobayashi_0627.jpg
予定以上に長時間話してしまいました


BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。