小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

リハーサル後半です

2011.07.09 14:54

一昨日でミスチルのap bank fesのリハーサルが終わりました。
余裕で良いです。
彼ら4人と僕でやるというのも、板に付いています。

日頃、何役もやっている僕ではありますが
ミスチルの場合、シンプルな構成でやることが
よりバンドの一人一人のキャラクターが出るというのはありますよね。
毎年夏になると、十数人の大群技術集団の「Bank Band」と
対比して思うことです。

昨日は訳合って、小出裕章さんとご飯を食べました。
小出さんというのは、緊急対談でお馴染みの
原子力に対する厳しい反対の意見を持っている学者です。
そんな小出さんと、彼の地元でたくさんのお酒を飲みました。
飲み過ぎだけど、いい感じだったんだよね。

今日からいよいよ最終段階のBank Bandと
アーティストのリハーサルがあります。
被災地もフクシマも原発の再稼働も、
まだまだはっきりしたことが見えないし、
足を引っ張ることばかり起きているような毎日が続いていますが、
確実に前へ進んでいることもあると信じて、頑張ります、、、か。


BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。