小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

ワタ見の会

2011.11.30 11:25

先週の土曜日、東北コットンプロジェクトの
「ワタ見の会」という催しが、仙台の荒浜地区
というところでありまして、行ってきました。

元々kurkkuでプレオーガニックコットンをやっているスタッフが、
東北コットンの進行役みたいなことを
やらせてもらっているものですから、
kurkkuやap bankのスタッフも、何度も現場に行っています。

東北コットンについては、
前にもこのブログで説明したことがありますが、
簡単に言うと、震災の影響で塩害でやられた土地に、
塩に比較的強いコットンを植えて育てよう、
それをいろんな企業やアパレルのメーカーの人達が応援し、
晴れて収穫になった暁にはみんなでいろんな形で商品化していって
盛り上げつつ循環を作っていこうよ、というプロジェクトです。

荒浜地区の農家さんが最初に手を上げてくれて、
本当に頑張ってほしいと思いました。
ただ、今年は台風で育つ途中の綿花が
水没してしまうというアクシデントに見舞われ、
正直思うように育たなかったのです。
ですが、やはりここはくじけてばかりいられないので
更なる技術革新を取り入れつつ、
来年に向けて頑張ろうという決起集会を行ったわけです。

この会では、直接東北コットンに関わっていなかった
仮設住宅に入っていらっしゃる方も、
もちろん無料で食やお酒を振る舞う、というような趣向もありました。
それもあって僕は東北コットンプロジェクトの
応援団のつもりで、この日行くと決めました。

ぎりぎりになって、一青窈さんが来てくれるということになり、
震災後、彼女が歌の炊き出しや
彼女のツアーなどで披露している曲を4曲演奏してきました。

天候には恵まれたとはいえ、
かなりの冷たい風が吹いてくる中で
僕の手はもう演奏不可能の直前までいくような感じでしたが、
一青さんの魂のこもった歌の力で、
本当に皆さんに喜んでもらえたように思います。

彼女は、中島みゆきさんの「時代」のカバーを
震災後やり続けているのですが、
特にその曲を歌った時には、多くの方が涙を流していらっしゃいました。
野外の、しかも荒野の真ん中で弾いていると、
特にぐっとくるものがありました。

何度か被災地でそういうことを続けていて、
わかってくるのですが、
本当に心が固くなってしまわないためにも、
歌や音楽の力というのは、必要だなと実感します。

いずれにしても、いいイベントでした。

東京や大阪から集まってくれたボランティアの皆さん、
本当にお疲れ様でした。



BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。