小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

吉田松陰

2012.01.14 23:49

今日は山口県の萩に来ています。
前からアルケッチァーノの奥田シェフの紹介で
来ることになっていたのですが、
その奥田君とも今年初めて会い、
今日は休日だったけれど、市場を見学をしたり、
道の駅として全国でもトップ10クラスの賑わいを
みせているシーマートを見学したり、
行政の人といろいろ話したりしました。

僕は初めて萩に来たんだけれど、
なんだかいろいろ奇遇に感じました。
というのは、この町は幕末のひとつの舞台なんですよね。
長州藩としても有名ですが、
なんと言っても吉田松陰という人がすごいんです。
改めて知ったけれど、わずか30年足らずの人生で、
しかも時の幕府政権によって処刑されるという最期だったのです。
その後、彼の影響を受けたと思われる
「長州ファイブ」と言われる5人が、
日本の近代化に大きく貢献することになります。
その中の一人が初代内閣総理大臣、伊藤博文なんです。

吉田松陰はなぜ処刑になってしまったのかと言うと、
幕府批判なんです。
幕府は日米通商条約を、時の天皇の了解を得ずに作り、
尊王攘夷、つまり簡単に言えば、
天皇を大切にする考え方に属していた
吉田松陰たちは、反旗を翻した訳です。
でも全体的には、みんなもう開国する以外にない
というムードだったんです。
普通に考えれば、幕府も吉田さんたちも
同じ方向を見ていると言えば見ているわけだから、
なんで反旗を翻すんだと思うし、
少し複雑な感じがするんだけれど、
今日こちらで聞いた話では、吉田松陰は、
簡単に開国することの危険性を感じていたようで、
つまり開国するにしても、日本人の、
この国の守らなければならないものを、
大切にしていくということを考えていたようです。
3.11以降のこの国の進め方にも、
同じようなことが言えるなと思いました。

萩における食のことは、可能性は大ですが、
いろいろコンセンサスが必要です。
詳しくはまた進んだら報告しますね。
でも、萩は他にない面白さを持った町です。



BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。