小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

山下一穂さんという人

2010.10.22 14:33

確かに「エッヘン!」とおっしゃった彼は、
初老とも言える年回りを感じさせるところもある一方で、
いい意味で自由に好き勝手に生きている感じがしました。
彼のフルネームは、山下一穂さんと言います。

山下さんは高知生まれで、
20才前後あたりの詳細は解りませんが
28才まではバンドマンをやっておられました。
本人もおっしゃっていましたが、
いわゆる女性たちがいるクラブなどで
"ハコバン"と言われるようなバンドをやっていたらしく、
ちなみに担当楽器はドラムだったそうです。

その後、まぁきっかけがあったのでしょう、
高知に戻られて、学習塾のようなものをやっていたと思われますが、
おそらく帰郷されてから20年ぐらいして
お祖父さんが亡くなるかそのあたりで
遺言があったのかどうか定かではありませんが
とにかくお祖父さんが残した農地で、
農業をやることを思いついたそうです。
なにしろそれが、たった12年前のことなのです。
山下さんはそこから一気に農業の才能が開花したようで、
5年後には有機農業は簡単だと言うような、
有機農業に苦労している方から見れば
なんとも興味深い発言を連発しているような本
『超かんたん・無農薬有機農業』を出され、
更にその2年後には「土佐自然塾」という有機農業の学校を設立されました。

現在、その学校を設立して5年が経ち、彼の農園は12年経ったわけです。
僕らはカフェを出た後、彼の農園に行きました。
そして小松菜や人参、美味タスなど、数種類の野菜をそのまま採って食べました。
それは虫食いなどは全然なくて、だけど本当に完全に有機なんですよ。
そのまま土から採って食べる野菜は本当にお世辞じゃなく
澄んだ甘さや苦味を伴った野菜の味がして、
僕たち一行は彼の実力を思い知ったのでした。

次回は山下さんが語ってくれたことをもう少し書いてみましょう。


kobayashi_1022_a.jpg



BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。