小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

共通点

2011.03.05 02:31

僕は千代の富士とMr.Childrenを例えることがあるのですが、
この2名(組)の共通点というのは、
Mr.Childrenはデビュー当時、
特に鳴り物入りではなくて、
僕の所に届いた資料を見ても、
どこかしら暗い感じなんだけれども、
飛び抜けて純粋というわけでもなくて。
でもポップだったり、当時のバンドブームの片鱗があったり。
ただ、曲については、簡単に言うと、、長かったのです。

大きな相撲を取ることと
大きな構造の曲をやるということが
似ているとまでは言いませんが、
当時のMr.Childrenの曲は、
とても構造が大きかったので、
何気なく聞いていたら、
普通に聴いている人からすると飽きてしまうのです。
桜井君もその昔は、
まだそんなに肺活量がある方ではなくて、
でも、ものすごく深く深呼吸をして、
長い息でなにかをやろうとしているというか、
野球で言うところの、
決してコンパクトに振り回すバッドではなくて、
おもいっきり振っていることに気がついて、
なんというか、「風を感じているんだな、彼らは」
みたいなことを思って、
まずはそこから手を加えていったのです。

格好良くもなりきれてないし、
キャッチーにもなりきれていないし、
暗さが魅力だよねと、ものすごく暗いわけでもないし、
いろんなことが半端な感じになっていて、
なにで勝負に出られるのかよく解らなくて。
桜井君も当時、体つきは今みたいな感じではなかったし、
太くない声ではあったけれども、
ただ、しばらく彼らと一緒にやっていると、
大きな相撲を取ろうとしていた
千代の富士のことを思い返すようになったのです。

コンプレックスということではないんだけれども、
自分の声が高い方には伸びていくけれど、下の声は出ない、
地声は太い声が出なかったから、
桜井君はそれをカバーしようと鋼の筋肉をつけようとする。
楽曲作りに関しても、僕に「詞の作りが甘い」などと言われ、
僕と一緒にレコーディングをやりながら、
学習していくことになるんだけれども、、
多分、あれだけ学習能力のあるミュージシャンは、
今後現れないと思うし、本当に成長していったのです。

それで、昨日話した千代の富士と同じように、ある時が来るのです。
2枚目のアルバムまでは、まだミリオンまでいく
アーティストになるとは思っていなかったのですが、
3枚目をレコーディングしている時に
「桜井、おまえら本当にすごいことになるかもよ!?」と言ったら
「一応僕らそのつもりですけど、、」って言って(笑)
そこから『CROSS ROAD』が初ミリオンいって、
その次が『innocent world』で、トントントンと日本のトップバンド。
ミスチル現象と言われたりしてね。
でもたった2年ぐらいしかないんですよ、その期間って。


BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。