小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

レミオロメン神戸公演

2011.03.24 02:58

レミオロメンが、今週末26、27日
神戸ワールド記念ホールでのライブを、
予定通りに行うことを決めました。

震災後、みんなが自粛していて、
5,000人ぐらいのキャパシティーのライブは
ほぼできなくなっていたようなので、
その先駆けの一つになるのかもしれません。
ちなみに主催者代表として、
僕が書いたコメントはこんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地震発生から10日以上が過ぎて、
いま音楽業界も僕たちが何をするべきなのか、
見守るべきなのかなど、いろんな意見が出ています。
もちろん既に行動に出ている人達も大勢います。

ただ、考えた上で何かをやろうとしている人を
やらない方がいいと思っている人が批判したり、
またその逆であったりすることは、
本当に意味のないことだと思っています。
みんなのそれぞれの判断で、
少しずつ始まっていかなければならないと考えています。

3月26、27日に神戸という町で、
レミオロメンがコンサートをする予定になっていて、
彼らが想いを持って、スタッフと現在の状況をよく見たうえで
音楽とともにやるべきことをスタートさせたいという気持ちを聞いて
僕はこのような時期だからこそ実現させたいと思いました。

どうかご理解下さい。
みなさんが、復興のために少しずつ
色々な試みを始めていくことを応援し、願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じで、また少しずつ始まっていこうとしています。
いろんなことが元に戻って進んでいくのは素敵なことだけど、
エネルギーのことだけはもう少し考えましょうよ。

僕の記憶では、例えば医療費のこと、
高速道路建設のこと、その他公共事業も、
国レベルでやるやらないなど議論になっていたと思います。
だけど、エネルギーのことについては、
「原発反対!!」というのは聞こえてはいたけれども、
議論の場に、国民として市民としていた記憶がないです。
とにかくまずは議論の場を作っていきましょう。


BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。