小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

札幌から宮城県、そして東京

2011.04.06 22:51

今日は東京ですが、Mr.Childrenの札幌ライブの後、
また石巻市に行っていました。
ap bank Fund for Japanで呼び掛けたボランティアも
本当にたくさん集まってくれて、
今週末から100人前後の人達が
ボランティアを開始することになりました。
それに先駆けて、ウーロン舎やkurkku、ap bankのスタッフが
炊き出しや津波でヘドロにまみれた家屋の片づけなどやっています。
僕も現地のボランティアのリーダーや市長などと話し合ったり、
今後の復旧復興に向けて、とにかく頭と体を使っていました。

ap bankのサイトでやっている
義援金などを集めさせてもらっていることや、
僕たちが音楽でやれること、
そして現場での痛みやダメージを少しでも回復してもらうこと、
いろいろやらなくちゃならないことがありますが、
同時に、原発問題の奥に潜む、
日本人固有の問題というのをずっと考えています。
もちろんいいところもあるんだけれどもね。

ちなみに、この前飯田哲也さんとお会いした時に
彼が言っていた本で、タイトルにインパクトがあって
気になっていたものがあるのですが、
その本をうちのスタッフが持っていて、僕に貸してくれました。
著者は、カレルヴァンウォルフレンという、
日本に長く住んでいたオランダ人で、
その本のタイトルは
「人間を幸福にしない日本というシステム」
といいます。

1994年に発表されました。最後まで読むと、
まぁよくそこまでキツいことを言ってくれるなぁと思ってしまうけれど、
特にこの本の前半は「なるほどな」ということが連発されます。
簡単に言えば、僕たちは現実として、
「いま僕たちがどこにいるのかということ」を、知ることを放棄している、
もしくはさせられているということを語っています。
ちょっと古いところもあるけれども、
問題はちょんまげを結っているところから始まっていたりしています。
いずれにしても、僕らが何をこの大きな震災から学ぶのかが、
僕がいま一番興味があることです。




BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。