小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

長野公演終了

2011.04.10 21:13

長野公演、終わりました。
最高の出来だったと思います。
昨日も良かったし、今日は・・・本当に良かったです。

そして、震災後にこのライブをやっていて、
いろんなことに気がつきます。

もちろん、そういうつもりで映像などの演出を
考えたわけじゃないんだけど、
隠れていたメタファーが浮かび上がって、
新しいストーリーのテーマが感じられます。
みんながそれぞれ先入観を持たずに感じてくれるのが良いと思うので、
ここでは当然言わないけれど、ツアーが終わったら、言うかも。


*エコレゾウェブでの飯田哲也さんとの対談、
全4回の4回目が今日アップされました。
いろいろあって、この対談も関心が上がっているようですが、
かなり噛み砕いてわかりやすくなってると思います。

面倒くさがらずに、ぜひ読んでみてください。



BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。